ときには星の下で眠る

R1200GSLC FATBOY SEROW250 MontesaCOTA4RT バイクの話 日々の出来事

オアフ島をFatboyで走る!続編

「ハワイでツーリング」 日本で結構Webで調べたが参考になるような記事が少なかったで少しでも参考になればと思う。

2016-09Hawai063.jpg


前回の続きだが朝からスタート
今日は家族とは別行動。娘とかみさんは、早くからお出かけだ。
午前中はツアーを申し込み午後からアラモアナに買い物に出かける。

オイラはオアフ島をバイクでツーリング。

レンタルバイク屋が8時にオープンするのでゆっくりだが遠足前の子供のように早く目覚める。(笑

ホテルのブレックファーストは高いので節約節約^^;
朝食はABCストアーで買ったサンドイッチとマンゴージュース。
このサンドイッチが半端じゃない。日本と同じ3枚だが具の量が3倍くらいある。
1枚目はローストビーフがこぼれんばかりに入っている。2枚目は鳥のささみ。3枚はトマトにチーズ。
1枚で十分腹いっぱいになる。これをマンゴージュースで流し込む。

ハワイに来ると、マンゴージュースを必ず買う。缶のタイプじゃなくペットボトルのタイプだ。
日本でもコストコに5L位のマンゴージュースを売っているが買わせてくれない。

朝焼けが見られるバルコニーで朝食を一人済ませる。
ワイキキビーチでは、もうサーフィンをやっている奴らがいる。
いい風が吹いている。ゆっくり珈琲を飲む。ちょっと贅沢な時間。どこかのCMみたいなセリフ(笑

ウォシュレットのトイレで用を足し、出発だ。

日本から持ってきたヘルメットとグローブを持ち部屋のドアを閉める。
エレベーターでロビーまで降りる。
ツアーに参加するのかロビーは日本人が真面目に列を作り並んでいた(笑
その他の白人や黒人はバラバラ。日本人はどこに行っても日本人だ。

2016-09Hawai068.jpg

そんな列を通り過ぎ、レンターバイク屋に歩いて向かう。
レンタルバイク屋でヘルメットは貸してくれると言うが日本からお気に入りのメットをわざわざ持ってきた。
ハワイはノーヘル走行OKだ。ワイキキではかぶっているのはほぼ見なかった。
ハイウェーも走るので、ノーヘルで走って事故のことを考えるとかぶった方がいいと思う。
オアフ島を走るときには、メットを荷物になるかもしれないが持っていくことを勧める。それとサングラスはしないとこれも違反になる。


2016-09Hawai000.png


ホテルをでてワイキキメイン通りを10分ほど歩き横の道を2ブロック先の角に今回ハーレーを借りる「チェイス・ハワイ・レンタル」がある。

写真の白いパーカーのお姉さんは日本語が話せる。見どころや道の情報を教えてくれる。
なんとオアフ島の近くに台風が来ている。
現地の天気予報は適当だ。「通り雨の可能性有り」だと。
日本では1時間ごとの天気が分かり、スマホのアプリでは雨雲レーダーで雨の様子までわかる。このアプリを見ながら走れば雨をよけて走ることすら可能だ。

島の人たちは雨を気にしていないのだろう。スコールがあっても、晴れれば濡れているのも自然に乾く。ハワイで傘をさしているのは日本人ぐらいだろう(笑

スタッフのお婦さんに、天気のことも聞いたがTVと同じくらいの情報だった。ただ「風に注意してね」と言われた。
それと今、オバマ大統領が来ているから市内に入って渋滞するかもしれないから早めに市内に入ってねとアドバイスされる。ハワイでは日本みたいにバイクのすり抜けが許されていない。「違反で捕まっちゃうからね」と脅かされる。

さあ出発だ。と思ったがガソリンが半分くらいしか入っていない。
スクーターに乗った兄ちゃんがレンタルのFatboyに近づく。腕の太さがオイラの太ももぐらいあり、バリバリの入れ墨、ふぇぇ~こええ!「そり~そり~ガソリン入れるからって」終いには日本語で「気を付けてね~」と語尾を伸ばして言う強面の兄ちゃん。笑ってしまった。

皆も、出かける前にレンタル屋の前で燃料が満タンに入っているか確認するといいい。いきなり燃料切れじゃシャレにならない。

オアフ島をレンタルハーレーで周る1日がスタートした。

普段から使っているiPhoneをナビ代わりに使う
WiFiも日本であらかじめ借りた。これについて後で詳しく説明。

普段からナビソフトに頼りっきりなのでスマートフォンを取り付けるステーとか持ってきて正解だった。こいつもハワイでツーリングするときには日本から持ってくることを勧める。
地図を広げながらの旅もいいが限られた時間を有効に使うにはスマートフォンとナビアプリがあるといいと思う。ちなみにヘルメットにはBluetoothインターコムも付けていたので音楽やナビの音声を聞きながら走ることができる。


オアフ島でツーリングやドライブを楽しむのにはこいつをGoogleアカントでマイプレスにMap登録すると使える。



とりあえず市内を抜けなくては、一番近い場所までセットする。
全く日本と同じように日本語表示ができるので迷うことはない。おおよその時間も目安になる。ちゃんと距離はマイルになる。

2016-09Hawai064.jpg

地図を広げながらの旅もいいが限られた時間を有効に使うにはスマートフォンとナビアプリがあるといいと思う。ちなみにヘルメットにはBluetoothインターコムも付けていたので音楽やナビの音声を聞きながら走ることができる。

2016-09Hawai014.jpg

H1ハイウェーに乗る。
車でも走ったがやっぱりバイクが断然気持ちがいい。風を感じながらハイウェーを走る。
すぐに72号線にここからはずっと1本道だ。

2016-09Hawai065.jpg

SONYのアクションカムの画像がどうもが悪い。前半はSONYを付けていたのだがどんどん絵が曇ってきた。ケースがどうも結露したようだ。

2016-09Hawai066.jpg

Maunalua Bay Beach Park マウナルア・ベイ・ビーチ・パークに到着
観光客はほとんどいない。地元の人が平日にもかかわらずバーベキューを楽しんでいた。

さすが車社会アメリカ 駐車場がきっちり管理されていて気持ちがよい。スピードを落とす「かまぼこ」がある。このシステムはいいと思う。否応無しスピードを落とすのだ。日本であれば○○Qシャコタン達も入ってこられないだろう。

2016-09Hawai015.jpg

レンタルしたFatboyは2015ファットボーイローだ。なんと初めからローダウン仕様だ。
エンジンは1584cc ツインカム96B。もちろんインジェクションだ。
リヤタイヤがオイラのFatboyと70mmも太くなっている。なんとこのレンタルショップはすべてのハーレーのマフラーを交換している。このFatboyもPythonに交換してあった。うるさくなくいい音を出している。
乗った感じは排気量が約200ccの違いだがオイラのFatboyのような荒々しさは全くなくスムーズだ。エンジンも「儀式」もいらず1発で掛かる(笑
オイラのFatboyはサンダンスでステージ2までのチューンをしているので加速に関しては上かもしれない。
しかし、20年の歳月を感じさせるほどの変化もないのがハーレーなのかもしれない(爆
唯一イイなと思ったのはブレーキの進化だ。よく止まるようになっていた。フロントはなんと4ポッドだ。
オイラのFatboyもブレーキをそろそろ何とかしないとだめだろう。GSを増車してから同じつもりブレーキング、怖い目に何度かあっている。

2016-09Hawai017.jpg

話がそれてしまった。旅の続きを
日本ではデカいミニバンも普通に見える。V8ピックアップのデカいのもドロドロ言いながら走っている。ちょっと憧れる。

2016-09Hawai019.jpg

Kalanianaole Hwy カラニアオレ・ハイウェイ 
ヘルメットの中でつい「イイね」と声を出してしまうくらい。景色がいい。
この山のように見えるのはココ・クレーターKoko Crater ダイヤモンドヘッドと同じように登山ができる。山と言ってみても標高は400mも満たない山なので山登りが好きな人はどうぞ。多少急なところもあるみたいなので楽しめると現地の人が言っていた。

有名なハナウマベイは駐車場が有料なので少し先の景色がいいパーキングで止まって写真を撮る。

2016-09Hawai020.jpg
2016-09Hawai021.jpg

Halona Blowhole Lookoutハロナ・ブローアウト・ルックアウト ここは景色がイイ。バイクを置いて岩場を登ればハナウマベイが見渡せる。
360度撮れるカメラであればこんな風景が見られる。クリック

2016-09Hawai022.jpg

オープンのフォードマスタングと古いFORDピックアップ 日本では霞むマスタングも青い空の下では輝いてるね。 イイね!!

2016-09Hawai024.png

2016-09Hawai067.png


少しハイウェイを走るとまたビューポイント
Makapuu Lookout マカプウ展望台 オアフ島最東端
海と山の景色をどちらも楽しめる。
沖に見える高さがある島はラビットアイランド、平らの方がカオビカイプ島

マスツーリングではここまで写真は撮れないな~ぁ。

やっと島の東の端に到着だ。
後編にはGoProでとった動画がある
つづく
にほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへにほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへにほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
よかったらポッチっと にほんブログ村

スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。