ときには星の下で眠る

R1200GSLC FATBOY SEROW250 MontesaCOTA4RT バイクの話 日々の出来事

R1200GSで走る 群馬県 秋鹿大影・万沢林道 BIGOFF3台で走る

群馬県 秋鹿大影・万沢林道をBIGOFF3台で走る


昨年暮れに頸椎ヘルニアを発症したが、約半年が過ぎ少しづつバイクに乗れるようになってきた。
5月の千葉秘境ツーリングで250でリハビリ復活を果たしDOAで感覚を取り戻したような感じだった。
6月に入りR1200GSで福島の林道や、なんとゲレンデまで走り感覚も戻ってきた。

そして今回、前からの約束で今回秋鹿大影・万沢林道をBIGOFF3台で走った。
3台での林道ツーリングだが昨年の10っ月に同じく群馬の栗原川林道を走った仲間とだ。
みんな昔からOFF車を乗るベテラン、GSからBIGOFFに乗る私をどういう訳かわからないが50才の私を30のKさん40のHさんが誘ってくる。
2人ともいい奴らだ。
6月の半ば雨の心配もあったが、この日気持ちの良い青空が迎える。
2016-06akmansawa001.jpg
1本目の林道目指して

2016-06akmansawa002.jpg
林道への入り口 奥平温泉遊神の湯 

2016-06akmansawa003.jpg
F800GSアドベンチャー 30代のKさん 日本全国をほぼ下道で回っている 残すは東北の一部と少しだ。 自分が30のころはこんなにアグレッシブだっただろうか?
HP2エンデューロ 40代のHさん 見た目はもっと若く見えるが落ち着いていて物静かだ。 HP2を長身長い脚で軽々操る。最近はトライアルを一緒にやろうと勧める。

2016-06akmansawa004.jpg
奥平温泉遊神の湯を走りだし直ぐに秋鹿大影林道の入り口だ。さあ私は2人に迷惑を掛けずに走ることができるだろうか心配だ。

2016-06akmansawa005.jpg
はじめはこんな感じでフラットで走りやすい。このままでいてくれよ!

2016-06akmansawa006.jpg
少しづつであるが傾斜が増していく。

2016-06akmansawa007.jpg
まだ2人の後ろ姿が見える。

2016-06akmansawa008.jpg
2、3日前に降った雨のためところどころ水たまりがある。ただ路面は固めで走りやすい。

2016-06akmansawa009.jpg
おっとガレてきたぞ。電子制御のサスを柔らかく設定する。ハンドルを押さえ取られないよう走る。

2016-06akmansawa010.jpg
林の中を抜けると、またフラットだ。今日の群馬は気温が30度を超えるようだが、林道は比較的涼しく快適だ。

2016-06akmansawa011.jpg
またガレてきた。こんな調子でフラットだったり少しガレ場があったり変化があり面白い。

2016-06akmansawa012.jpg
川手山登山口に到着 トイレや東屋がある。 
ここに車を置きトレッキングを楽しむのだろう。
右手にお地蔵さんが祀られていた。Hさんが手を合している。
秋鹿大影林道の中間点あたりだろうかお地蔵さんは道祖神なのであろうか。
その隣には「川手山光り苔ご案内」の地図と、「群馬県指定天然記念物 入須川のヒカリゴケ自生地 川手山の洞窟群及びズニ石」の説明がある。
川手山登山口の入り口には注連縄が結ばれている
この山は神聖なんだろう。時間があれば私の「神さん」と歩いてみたい。

2016-06akmansawa013.jpg
木陰でGSもしばし休息。私を気遣いよく小休止をしてくる。Hさんありがとう。

2016-06akmansawa014.jpg
さあ休憩は終わりだ。先を走ろう。

2016-06akmansawa015.jpg
またガレてきたぞ。気を少し引き締めよう。

2016-06akmansawa016.jpg

2016-06akmansawa018.jpg
分岐点しっかりゲートで閉じられている。 「霧峠」 前にも書いたことがあるが峠の名前由来を調べみたい。
赤沢林道側はゲートが閉まっていなかった。行けるのであろうか?今度機会があれば250で来てみよう。

2016-06akmansawa021.jpg
もうすぐ秋鹿大影林道は終了だ。何とか皆に遅れず着いていくことができた。
万沢林道へつづく

にほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへにほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへにほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
よかったらポッチっと にほんブログ村







スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。