ときには星の下で眠る

R1200GSLC FATBOY CRF250L MontesaCOTA4RT バイクの話 日々の出来事

BMW GS FAN RIDE に行ってきた

BMW GS FAN RIDE に行ってきた

2016-10GSFANRIDE001_1.jpg


朝5時まだあたりは暗い。長野軽井沢の天気、午前中は雨。
途中で合羽を着るのも面倒なので出だしから合羽着て出発。

2016-10GSFANRIDE002.jpg

外環で朝日を迎える。朝焼けが綺麗だ。このまま天気が回復してくれるといいのだが。

2016-10GSFANRIDE003.jpg

途中で散々降られるが軽井沢出口の近くで雨が小降りになる。いつもこの橋の手前から写真を撮ろうと思うが今回も撮れなかった。

2016-10GSFANRIDE014.jpg

会場の浅間火山レース跡地会場に到着すでに多くのGSが
雨が上がった。嬉しい~!

2016-10GSFANRIDE004.jpg

今日の自分のスケジュール午前中は、松井勉さん、鈴木大五郎さん講師の「ビギナーためのオフロードトレーニング」に参加。
基本のか教わります。
講師の松井勉さんは最近では雑誌MrBikeで「AfricaTwinでルート66を旅する」の記事を書かれています。鈴木大五郎さんは8耐レーサーでありBMW公認インストラクターでとても物静かな先生です。
この2人の先生から基本の「き」を教えてもらう。

講義の中で1つ習得した。
ハンドルの持ち方。
どうしても今まで怖さからかハンドルを「ぎゅっ」と握って力が入った。
力を抜き車体のバンクに任せニュートアルステアでコーナー周り、ハンドル自然に切れるのを力で変えないで走ることを体験実践できた。
このことが今回の1番の習得だ。
そんなことわかっている人は沢山いるかもしれないがオフロード初心者の自分にとって勉強になった。

2016-10GSFANRIDE005.jpg

まだ誰も走っていない練習場。皆が周回するごとに轍やぬるぬる、てかてかになっていく。

2016-10GSFANRIDE006.jpg

Facebookで知り合ったSさん。私より身長が低い方だがアドベンチャーに乗っている。
年は確かムコ殿さんとご一緒だったと思う。
今回の講義周りを見渡すと同年代のおじさんばかりだった(笑

2016-10GSFANRIDE007.jpg

アドベンチャーカッコイイですね。

2016-10GSFANRIDE013.jpg

午後からは浅間火山レース跡地のコースを走る。できるだけ上手の人のあとを追いかけた。

2016-10GSFANRIDE010-1.jpg

タイヤを見るとなんとノーマルタイヤ!コーナーでパワーを掛けテールを流し走っている!
自分も真似してハンドルは力を加えず自然に任せ少しだけバンクを助けるため内足荷重、アクセルを少し開くリヤが少し流れてびっくりする 「小心者」(笑

2016-10GSFANRIDE011-1.jpg

どんどん赤土の路面が「てかてか」してくる。転んでも痛そうじゃないのでだんだんと大胆になってくる。

2016-10GSFANRIDE009.jpg

轍が深くなってくる。フロントタイヤが取られそうになる。

2016-10GSFANRIDE013.jpg

直線は結構なスピードが出ている。リヤがかなり跳ねるがバイクが勝手にいなしてくれる。これは初心者コース 

2016-10GSFANRIDE013-2.jpg




本格的なアドベンチャーコース用意されていましたがあまりにも出てくるバイクがドロドロだったので初心者の私はやめて正解だった(笑 動画投稿者様に許可を頂きました。 こんなヌタヌタよくGSで走ることができるなんて凄いし、尊敬する。これだけ乗りこなしていればGSでどこにも行けてしまう。

周回コースを走っているだけで汗だくになり早く温泉でも入って帰ろうと思い

2016-10GSFANRIDE017.jpg

草津温泉に向かう。

2016-10GSFANRIDE015.jpg

いつもの草津温泉大滝の湯。 さすがの連休混んでいたがここの酸性硫黄泉の湯はアトピーのけがある自分にとっては薬だ。家に帰るころにはがさがさだった肌が滑らかになっている。


じゃらんにリンク

左の手前から順番に時計回りで入っていくと38度から温度が少しずつ上がってゆく最高温度は46度 足をつっこだだけで飛び跳ねる熱さだ。平気で入っている爺様がいるのにはびっくりだ。

2016-10GSFANRIDE016.jpg

風呂上りにはこいつだ。 いい歳のおっさんがぺろぺろしている(笑
かなりゆっくり湯につかり休んだので帰ることに関越混んでいるだろうな~。

2016-10GSFANRIDE018.jpg

翌日の月曜日は2台まとめて洗車だ。CRFは土手の散歩でドロドロのままだった。
洗った後はこいつでコーティング

2016-10GSFANRIDE019.jpg

Plexus ネットで評判がよかったのでドンキで購入。 ツルツルになる。

2016-10GSFANRIDE020.jpg

1日の走行距離は459Km GSにとっては大した距離にならないだろう。

昼からデーラーにGSを持っていきアクセルの調子を見てもらう。
全閉の状態でブレーキをぎゅっと握ると回転が2000回転まで上がってしまう。アクセル単体でぎゅっと押しても症状が出る。
最近出てきた不具合だ。
整備士の方に見てもらうと「これは危ない」スロットルをそく交換ですねと。ワイヤーが付いていない分そっくり交換で直るみたいだ。
保証は3年入っていたのでもちろん無償で作業だ。
とりあえず部品を注文で入荷次第作業になった。危ないのでなるべく乗らないようにと...帰りも乗るんですけど(笑

にほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへにほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへにほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
よかったらポッチっと にほんブログ村

スポンサーサイト

GS Trophy 2016 オフロード・キャンプ・イベントに参加

GS Trophy 2016 オフロード・キャンプ・イベントに参加

と言ってもGS Trophy Internationalのスキル選考に参加したわけではなくGSでキャンプと福島の林道を走るのが目的。

昨年の頸椎ヘルニアからGSにはほとんど乗っていない。
せめてバイクだけは調子よく走ってもらうためオイル交換をする。



2016-06GST002.jpg
ステップを純正からツラーテックのワイドステップを付ける。

2016-06GST003.jpg

それとブロ友のFUJISANさんから購入したツラーテックエンジンクラッシューバーと純正エンデューロエンジンアンダーガードを取り付ける。FUJISANさん、とてもお安く譲っていただきありがとうございました。
GSにこれだけの荷物を積むのは初めてやっぱり重い(+_+)

2016-06GST004.jpg

DOAで寝ないで走るのは堪えたのでイベント前に前泊することにした。
今回福島までの道中はFacebookで知り合ったSさんと行くことに。

2016-06GST007.jpg

2016-06GST005.jpg

羽鳥湖の会場近くなるとBMW-Motorrad のフラッグが
カモネギさんみたいに走りながらうまく写真が撮れない。

2016-06GST006.jpg

テント設営地 羽鳥湖高原 レジーナの森に到着。

2016-06GST008.jpg

早速テントを設営する。 このテントを張るのは2回目だが少し慣れて早くできたかな。

2016-06GST009.jpg

前日だがGS購入の原サイクルもテントを張りみんなにバーベキューをご馳走してくれた。もちろんお酒の用意もあり、原社長ありがとうございます。

テントに来られる方が凄い。いつもBMW雑誌で出てくる方々がみんなお酒を飲んでいる。山田淳さん、松井勉さん、鈴木大五郎さん他 普段聞けないことが聞けました。

疲れてすぐ就寝だが、この夜はとても寒くダウンを着て寝袋に。何度くらいだったんだろう。

2016-06GST011.jpg

さあイベント開催だ。朝のブリーフィング。 スキルチャレンジ、コマ図林道ツーリング、ゲレンデ走行等の説明があり早速コマ図ツーリングの始まりだ。

2016-06GST012.jpg

DOAの同じく時間差でスタート

2016-06GST013.jpg

私の後ろには原サイクルのベテランさん達が並ぶ。 アドベンチャーが多いこと。

2016-06GST014.jpg

今回コマ図フォルダーは付けてこなかったのでコマ図をiPhoneで写真を撮りそれを見ながらに走った。

2016-06GST016.jpg

気持ちいフラット林道を走る。

2016-06GST015.jpg

チェックポイントでは名前と番号を申告。

2016-06GST017.jpg

オフロードだけじゃなくこんな気持ちがいいオンロードも走る。 天気も良くさわやかだ。

2016-06GST018.jpg

奥西部林道・西部林道を走る。

2016-06GST019.jpg

林の中からこんな景色に代わる。

2016-06GST020.jpg


2016-06GST021.jpg

峠にこれだけのGSが集まると圧巻だ。

2016-06GST022.jpg

写真に写るのは原サイクルで購入の方々だ。

2016-06GST023.jpg

峠を下ると、こんなクレバスが出てくるがムコ殿さんの特訓のおかげで難なくクリアー。

GSでのフラット林道ツーリング楽しいですよ~ぉ。 ムコ殿さん早くBIGOFFクラブも作ってください。

林道ツーリングが終わりスキルチャレンジが行われている会場へ

スキルチェンジを見学



スキルチャレンジコースを監修した松井勉さんの試走 すべての操作が丁寧。
こんな風にGSを操れたら楽しいだろうなぁ~。

見学の後ゲレンデをGSで走る。

2016-06GST028.jpg
どうもさっきから煽ってくるやつがいる。下りだ引き離そう!

2016-06GST029.jpg

へ~ぇ無理するからコケルのです ハはぁって展開じゃありません(笑

別のゲレンデコースを走るツアーに参加

course-map.jpg

Eコースを上がっていきFコースを下る



GSはパワーがありぐいぐい上がっていく。前を走る女子さんの250途中でつらそうだった。
毎回思うのだがクラッシュバーにカメラ付けている割には映像がブレが少ないのにはびっくりする。電子制御のサスペンションがうまくショックを吸収しているのであろう。
楽しい走行でした。

2016-06GST026.jpg
走行を終えてキャンプ場に戻ってくるイベントが模様されている。
昨年の2016日本GSトロフィーインターナショナル代表の3人の1人として走ったおじさん代表中村さんがいた。
なんと中村さん57歳で代表に!! 代表なってからタイを走る間FaceBookで同じおじさんとして応援していました。



この動画を見て感動で涙が出てきました。
途中の各国の代表が応援してます。中村さんの息遣いも感動もの。 おじさんも頑張ればできる!! 

日本全国のGS乗りが日本代表目指し鳥取予選・この福島予選を通過し白馬でシード権獲得を得て来年白馬で最終代表決戦を通り2018 GS Trophy International日本代表が選ばれます。

上手いGS乗りを見るだけでも今回参加してよかった。白馬も応援にいきます。
TEAM DANGUN

にほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへにほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへにほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
よかったらポッチっと にほんブログ村



 

該当の記事は見つかりませんでした。