ときには星の下で眠る

R1200GSLC FATBOY SEROW250 MontesaCOTA4RT バイクの話 日々の出来事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

R1200GSでオフロードを走りBMW Motorrad Days白馬へ

R1200GSでオフロードを走りBMW Motorrad Days白馬へ
今年も行って着ました白馬へ
R1200GSLCに乗り始め2年半、3回目の白馬。

2016-08hakuba-uonuma001.jpg

白馬へ行く前にオイル交換。 普段はモチュールだがGS乗りの先輩からのアドバイスで「elf」を初めて使用。
モチュールと比べての違いははっきり判らないが入れ替えたばかりはもちろん気持ちがよい。

2016-08hakuba-uonuma002.jpg

いつもは土曜日の朝、と言うより夜中に出発だが今回は仕事を早めに切り上げ金曜日に出発し赤倉の温泉に前泊。

雲行きが怪しくなってきた。ポツリポツリとシールドを濡らす。そろそろレインウェアを着なくてはならないか試案しているうちに「ザー」っとやられた。思わずパーキングに入り込み雨宿り。

2016-08hakuba-uonuma004.jpg

「おー」虹が!!虹の始まりを見るのは初めてだ。何かいいことが起こるか?

2016-08hakuba-uonuma003.jpg

雨が小降りになってきた暑いがレインウエアを着て走り出す。あと1時間もないだろう。
上信越自動車道、黒姫野尻湖PAを過ぎることから霧が出てくる。あれよあれよと前が見えなくなるくらいだ思わず車の後ろに入る。尾灯を見ながら妙高高原で高速を降りる。
まったく前が見えないシールドがくもり雨に打たれながらも開けて走る。雨粒で顔が痛い。早く温泉に浸かりたい。

2016-08hakuba-uonuma005.jpg

古びた宿だが女将の接客が評判で泊まることにした「清風荘」。バイクがぬれぬよう軒先に止めるよう案内される。評判通りいい感じだ。汗を早く流したい。はじめ内風呂に入りざっと汗を流す。さらりとした湯だが湯上りはすべすべだった。食事が用意されるビールを飲みながら食べ干す。

また、ゆっくり温泉に入りに行く。

2016-08hakuba-uonuma006.jpg

明かりがないのでランプを渡される。LEDのランプだ。
できれば、火が灯るランプの方が気分が出るのだが味気がないが仕方なかろう。お湯も内湯よりぬるくゆっくり入ることができた。
明日は原サイクルの方々と林道を走り白馬に入る。早く寝ることにする。
夜中何度も雨の音で目が覚めるくらい豪雨だ。明日は大丈夫なのか心配になりながらも目覚ましが鳴るまで寝てしまう。

2016-08hakuba-uonuma007.jpg

8時集合場所の「道の駅しなの」に到着 もうたくさんのGSが集まっていた。みな早く起きて来たのだろう。
雨が強くなってくる。本当に林道を走るのだろうか?心配になってくる。

2016-08hakuba-uonuma008.jpg

チェローさんに、後ろはよくないよと言われたがどうも自信がなく後ろになってしまう。私より年配のアドベンチャー乗りの方が最後尾だ。

2016-08hakuba-uonuma009.jpg

走り出しは案外フラットでこれなら大丈夫かと思ったが...

2016-08hakuba-uonuma010.jpg

段々と... 大丈夫なのか

2016-08hakuba-uonuma011.jpg

おいおい「ぬるぬる」になってきたぞ。だがフラットなので滑りながらも前に進む。

2016-08hakuba-uonuma012.jpg

いつの間にか前を走っていたハスクバーナーが居なくなる。 後ろのアドベンチャーもいない。

2016-08hakuba-uonuma013.jpg

何とか途中までコケずに到着。あれアドベンチャーが来ないぞ。社長が心配になり見に行く。

2016-08hakuba-uonuma014.jpg

どうしたのか? 皆が止まっている。だれか転倒したのか? どうやら真ん中の草に後輪が滑り路肩に落ちただけだった。
この轍と中央の草が曲者だ。轍は砂利が深く沈み草は乗るとすべる。私も何度もヒヤッとする。

2016-08hakuba-uonuma015.jpg

この後ビデオが撮れていなく写真がないがもうヘロヘロ状態だ。深い砂利にハンドルが取られ、草に乗り滑る。
こんな時にGSに乗るのはもういいかも。CRFで来ればよかった(笑

2016-08hakuba-uonuma018.jpg

やっとの思いで昼食の蕎麦屋へ。

2016-08hakuba-uonuma019.jpg

蕎麦は美味かった。だがクタクタだ。
この後まだ林道を走るそうだが離脱組が数名出たので私もその中に加わる。
ベテラン勢もこの後、林道でなく林道の途中によくあるアスファルトで転倒する人が数人出たみたいだ。
離脱して正解だった ふ~ぅ。

2016-08hakuba-uonuma017.jpg

今回の宿泊先の白馬シルクウッドの到着。
この写真は翌朝の写真だがなんとGS率が高いデーラーだこと。
シャワーを浴び会場へ

2016-08hakuba-uonuma020.jpg

GS Trophy 2016決勝大会 予選を勝ち抜いた6名のライダーによる2017最終選考会のシード権をかけた決勝戦。
さすがに皆さん上手だ。また体力もある。GSにまたがっている人の腕、足半端ない!! 
GSをブンブン250のように乗っていた。

2016-08hakuba-uonuma021.jpg

会場には、カスタム車両が多数展示されていた。
ハーレーのカスタムで有名なHOTDOG河北氏が手掛けたK1600 パイプやアナログメーターがレトロでありながら未来的不思議なデザインだまたエンジンの塗装が何とも言えない雰囲気を醸し出している。
アニメAKIRAの世界から出てきたようなK1600。R NINE Tをカスタムどれも凄くカッコイイ。

そろそろのどが渇いたビールでも飲もう。あれどこかで見た顔 

2016-08hakuba-uonuma022.jpg

おじさん二人で女の人をナンパしている。
有さんにシージャックさん。 御揃いのTシャツ着て。
有さんは相当飲まれたのかご機嫌でした。
私もビールをたらふく飲み夜が更けていきました(笑

翌日はホワイトさんと新潟へ

つづく

にほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへにほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへにほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
よかったらポッチっと にほんブログ村

スポンサーサイト

R1200GS BIGOFF3台で走る林道 後編 万沢林道

群馬県 秋鹿大影・万沢林道をBIGOFF3台で走る

万沢林道は少しガレから始まる。

2016-06akmansawa019.jpg
この程度のガレはもう怖くない。1年前GSを購入したての頃はこんな程度でも慎重に走っていた記憶がある。

2016-06akmansawa021.jpg
こんな木漏れ日の中を進んでいく。
万沢林道の方が少しだけガレているところが多い。それでも走るには問題はない。

2016-06akmansawa022.jpg
2016-06akmansawa023.jpg
風が通る橋の上に出た。気持ちが良い風が吹く。

地図の川 もう少しで万沢林道も終わりに近づく。

2016-06akmansawa024.jpg
1年前は止まっていたがこのぐらいはそのまま乗り越えられるようになった。二人は心配して止まってくれてたが(笑

2016-06akmansawa026.jpg
最後に来てガレてるな。

2016-06akmansawa027.jpg
と思えば赤土の滑りやすい路面へ。

2016-06akmansawa029.jpg
フラットダートになったぞ。ガルルで良友さん教えていたリヤを流してカウンターをちょっろやってみる。

2016-06akmansawa031.jpg
おぉ~お!!これがガルルに載っていたフラット林道か~ぁ。
2016-06akmansawa032.jpg
バイクを止めて写真を撮るのを忘れた!!


地図でも確かに長い

2016-06akmansawa033.jpg
万沢林道を出て国道405号線を野反湖まで上がってくる。朝6時に家を出発し到着14時だ。かなりゆっくりのツーリングだ。
二人とは、ここで解散。Kさんはまっすぐ家に帰るそうだ。Hさんは帰りも同じ林道を通って帰るそうだ。
私は林道を30Kmちょっと走ったので満足したがこのまま帰るのはつまらない。
せっかくだから温泉でも入っていこう。

2016-06akmansawa034.jpg
そう草津温泉 温泉にゆっくり入り疲れをとる。1時間ほど休憩しつで仮眠までしてしまった。 随分おやじになったものだ。昔であればもっと走っていただろう。 まあこんな具合が丁度いい。

2016-06akmansawa035.jpg
湯畑を見に来るが、でかいバイクで来たものだから歩いているカップルから白い目で見られる。そそくさと退散す。
国道292号線志賀草津高原ルートを上がってみる。

2016-06akmansawa036.jpg
ロープウェのところで通行止めになっていた。
火山規制のため殺生⇔万座三差路間、午後5時から午前8時まで通行止とあった。
2016-06akmansawa037.jpg
このオフタイヤは峠道でも結構いいグリップをする。
メッツラーのKaroo 3だ。
オンロードではきれいに端っこまで寝かせることができる。
ただしカーブで溝が切ってある所では最悪だ。これさえ注意すればオンもオフも行けるので悪くはないだろう。
もちろん高速もR規格なので日本の高速では全く問題ない。
欠点は町乗り速度域でのタイからのノイズだ結構うるさい。
Karoo 3を履く前はシンコータイヤの804 and 805 Seriesを履いていたが音は静かだった。
ただし水冷サイズが出ていないので空冷サイズを履くことになる。
また、タイヤはバイアス規格だ。峠道では多少よれる感じがある。
速度の規格はQ最高速度160Km/hなのでR規格よりは10Km/h劣る
前後のタイヤでKaroo3のリヤタイヤより安いので経済的ではある。
最近各メーカーからBIGOFF用タイヤが出てきたので色々と試してみたい。
ただし、懐次第だが(笑

話が林道ツーリングから少しそれたが情報として

さあ日が落ちてきたそろそろ帰ろう。夕飯までに帰れるかな~。

にほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへにほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへにほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
よかったらポッチっと にほんブログ村

備忘録 梅雨の始まり頃 R1200GSLC シンコータイヤのE804・E805の印象

備忘録 梅雨の始まり頃

いつものメンバーで群馬武尊山をぐるっと回るコースでツーリング

2015-06hotaka001.jpg

梅雨は始まったが、この日は青い空が広がる気持ちの良い日だった。

2015-06hotaka002.jpg
写真は利根望郷ライン 初穂カントリクラブの上あたり
写真の奥の山は榛名山あたりか?
雨が続いたので空気中の埃がが全部地上に降りたのだろう。爽快な気分。

2015-06hotaka009.jpg

皆、早い連中でブロックタイヤではついていけない。 今回メッラーカール3からシンコーE804・E805に履き替えて初のちょっぴり速いオンロード峠走行(笑。

カール3はノーマルタイヤと同サイズだったがシンコーE804/E805は若干細く偏平率も違う。

メーカの説明では「ビッグブロックテクノロジーの採用により、オフロード40%、オンロード60%と、様々なシーンでの走破性を実現しております。」と書かれていたが私の技量ではオフロードではカール3との違いは判らなかったが、オンロードでは違いが分かった。

カール3はオンロードでもかなりのグリップ感があり、寝かしこんでもブロックがよれる感じはなかった。
溝が切ってある(伊豆スカインライン)のような道は苦手。
純正タイヤのコンチネンタルアタックはよく曲がったが、私には接地感が少なく思いえた。よくフロントが逃げていく感じがして怖い印象があった。カール3はグリップ感がありオンロードでは路面に食いついている感じがしたて好印象だった。

シンコータイヤはブロックがよれる感じがありちょっぴり不安感がありついていくのは躊躇した。
まあオンロードを飛ばすタイヤではないので参考にはしないでほしい。
オフロードではテクニックがないので語ることは控えます(笑
普段の街乗りからオンロードも走りオフにも行けて金額も安い!お得なタイヤ!
ノイズはカール3より全然静か!カール3はツーリングではタイヤのノイズで結構疲れる。
あとは耐久性 カール3はオンロード70%オフロード20%でリヤタイヤの寿命は約5,000Kmぐらいだった。フロントはもう少しいける。
シンコーE804/E805の耐久性はまだ履いたばかりなので分らない

価格が安く、耐久性があれば私はカール3のほうがオンロードもオフロードも行けるのでこのタイヤを履きたいが、お財布にはシンコータイヤがイイかも。

この手のビッグオフにオフも走れて耐久性があるタイヤをご存じであれば紹介してください!
またGSに履かれているノーマル以外のオンロードタイヤもこれお勧めってあればそのれも是非紹介してください。

以上、素人のインプレッションなのでご参考にはしないでください(笑

ツーリングのブログに戻ります。
2015-06hotaka003.jpg

奥利根ゆけむり街道にて 笠ヶ岳には雪が残ってる。

2015-06hotaka004.jpg
2015-06hotaka005.jpg

新緑とせせらぎが気持ち良い。刀のボスが一人写真を。

2015-06hotaka007.jpg

あらふぃふてぃおやじつーりんぐ この後 宝川温泉をボスに提案したがあっさり却下(笑 
こんどゆっくり温泉にでも入りに来よう。宝川温泉ここは混浴で以前行ったときには外人さん(女性)が透き通る白い肌を自慢するように・・・ ど近眼の私はよく見えませんでしたが(爆

2015-06hotaka010.jpg

川場村 道の駅みたいなところでで昼食 十割そばだったが味は今一だった。 値段もXでした。(爆

2015-06hotaka008.jpg

本日の走行距離 440Km マフラーヨシムラに変えても燃費は普段と変わらない。 高回転でいい音がするので結構開けて走っていたような気がするが燃費オンボード20KM/l 




にほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへにほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへにほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
よかったらポッチっと にほんブログ村
 

R1200GSLCで日帰り720Km まだまだひよこ?2

日帰りの旅はまだ続いている。
14:30まだ長野県 国道418号線 遠山川に架かる赤いつり橋を発見 板張りだ。所々割れて川が見える。
まだ余裕で写真をゆっくり撮っている。

2015-04-29-2000.jpg
県道389号線静岡県に入る。


16時半、日は段々と傾きオレンジ色に変わってきた。
そろそろ帰ることを真剣に考えよう。

2015-04-29-2004.jpg
そう言えばオフロード走ってない!

2015-04-29-2005.jpg
 この県道、ちょっとそれればオフロード沢山ありそう。


時間を決めて途中でUターン。今度、朝早くこの辺の林道にまた来てみよう。
GSよりCRFかな・・・

2015-04-29-2007.jpg
なんか「橋」がかなり気になる。山の緑とつり橋の赤の色のバランスがイイね。

2015-04-29-2006.jpg
何川だかわからないが木田川の上流。山肌は荒々しく、つい止まって写真を撮ってしまう。

2015-04-29-2008.jpg
随分遠回りをしたものだ。国道362号線を第2東名に向かって下りればいいものを大井川のほうに向かっていく。
473号線塩郷ダムを越えて大井川の近くに下りてみる。時間は17時半を過ぎている。山の中を1時間も走っていた。
18時半家を出てから12時間、島田金谷インターから第2東名に乗る。

2015-04-29-2009.jpg
19時半新東名 駿河湾沼津SAで夕食 そういえば昼は食べてなかった。

2015-04-29-2010.jpg
21時58分 夕飯には間に合いませんでした。神さん許してね♪

にほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへにほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへにほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
よかったらポッチっと にほんブログ村
 

BMW公認インストラクター山田順さんと一緒に走るツーリング

今年最後のブログです。
12月に入って忙しくなりなかなかブログをUpできませんでした。
今年1年みなさんにとってどんな1年でしたか?
自分的には昨年の夏に注文して今年の3月末に登録4月頭に納車されたBMWR1200GSLCが相棒に加わったかとが1番のニュースですね。
この相棒が加わり、バイクの楽しさが増えました。来年もいろんなところに出かけたい!

皆様、良いお年をお迎えください。



BMW公認インストラクター山田順さんと一緒に走るツーリング

R1200GS購入の原サイクルさんにて「山田純ツーリングトレーニング」という内容で12/14にツーリングがありました。

20141220002.jpg
12月に入ってからは忙しくバイクに全然乗っていませんでした。6時まだ薄暗いうちに家を出発。
集合場所の「道の駅さかい」へ この日は前日の雨とは打って変わり少し穏やかなツーリング日和。

江戸川の土手沿いを利根川から枝分かれする少し手前まで遡る。初めて江戸川の土手沿いをこんなに走る。
途中オフの練習ができそうな場所が数か所あった。今度CRFで行ってみよう。

そうこうするうちに集合場所の「道の駅さかい」に到着。
20141220001.jpg
もう皆集まっている。
20141220003.jpg
20141220010.jpg
山田さんの説明を聞いて肯くところが多い。考えて少し走ってみよう。

走行中山田さんのアドバイスが聞けるよう無線機が配られる。
早速バイクに乗るときのアドバイス サイドスタンドを出し、ハンドルを右に少し切った状態でまたがると跨り易い。
こんなこと意識したことがない!へぇ~!
どんどんアドバイスが足をステップのどの位置に置く?などんどんアドバイス。
へぇ~が何回も口から出た。
普段意識しないでオートバイを結構走らせていることが分かった。
そうこうするうちに休息ポイントに。
20141220004.jpg
クラッチレバーの角度の調整
BMWはやっぱり欧州の大型の人がしっくりくる様に調整されているそうだ。
山田さんは早速、工具を取だし皆のバイクのレバーを調整。もちろん自分のGSもアドバイスを聞きながら調整してもらう。
ほんの少し1mm~2mm起こしてみたらクラッチの握りやが、「へぇ~」変わるもんだ!これは皆さんもやってみるといいですよ。指が自然にかかり握りやすい。
20141220011.jpg
無線で山田さんからアドバイスがどんどん飛んできます。
「停車時どっちの足を付きます」?
教習所ではもちろん左足ですよね。でも道は左側に傾いていますよね。左に足着いたらバイクはそれだけ傾きます。右足を付けば立ちごけのリスクが減りますよね。
20141220005.jpg
目的地の「いずるや」到着。
ほんのちょっとの意識で変わります!。
周りの風景で走りを考える。今まで漠然と走っていたところから「考えて」走る少し意識が変わってきました。
20141220006.jpg
美味しいそばを食べながら原社長からもアドバイを聞きました。
50歳これからもっと楽しく安全にバイクが乗れるようになればいい。

20141220012.jpg
私のGSを囲んで今回のツーリングに参加した皆さんと

来年も皆さんにとって良い年で、安全なツーリングができますように!

にほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへにほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへにほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
よかったらポッチっと にほんブログ村




このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。