ときには星の下で眠る

R1200GSLC FATBOY SEROW250 MontesaCOTA4RT バイクの話 日々の出来事

ゲルザブと比べて夏はいいかも

日帰りで586KmをCRF250Lで走ったが尻が痛くならなかった。

東京の東にはオフロード用品が売っているお店が少ない。
Napsが家から30分ぐらいのところにあるが価格は高いし扱っている商品も少ない。
どうしても川崎か横浜のラフアンドローに行くしかないかなかった。
川崎店は家からの距離は40K弱都心を抜けて行かなくてはならない。時間は1時間半は掛かる。
最近ガルルに広告が出ているウエストウッド茨城竜ヶ崎にあるKTMなどを扱うバイクショップ兼オフロード用品を扱っている。この店も同じく40Kぐらいだ。最近よくこの店に通う。ウェアやガード類が安く品数が多い。ブーツや細かいものはラフローの方が多いかな。
P7270018.jpg
Fly Racing PATROL のパンツやジャージ、ジャケットをウエストウッドで購入した。もちろんお店で試着してだ。50歳のおじさんにも着れる落ち着いたデザインで気に入っている。しかしガード類は全く付いていない。膝やひじのガードは持っていたのが腰関係のガード類を持っていなかった。BMWのラリースーツは腰回りもしっかりガードが入っている。

そこでウエストウッドのホームページを見ていると「LEATT IMPACT DBX 5.0 AIRFLEX インナーパンツ」とやらを発見。
ヒップ部分に、衝撃吸収素材3DFを採用。
骨盤周辺には、新素材アーマーゲルを採用し衝撃を吸収・緩和。
MoistureCoolウイッキング・ファブリックで通気性◎
と書いてある。
早速店に行って試着する。サイズは少し日本のサイズ観より大きい。実際に履いてみるのが一番良い。

2016-07pants004.png

こいつだ。腰や太もも部分をガードしてくれる。

2016-07pants005.png

お尻にもパッドが入っている。

2016-07pants001.png

裏返すとこんな感じに2016-07pants003.png

女性が○○の時にする○○ように尻から前までガードしている。男は○玉をガードしてくれる。

2016-07pants002.png

ゲルザブより夏はいいかもと書いたのはガードの部分に「COOL」と書いてあるように尻や○玉が暑くなりにくい。

夏はシートもかなり熱くなる。ゲルザブは熱を吸収するのかさらに熱くなる。これがなかったせいかかなり快適だった。
先日GSで1000Km走ってきたがやはり尻は快適だった。

本来ガードの機能は、まだコケていないのでわからないがそのうちレポもできるだろう(笑

にほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへにほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへにほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
よかったらポッチっと にほんブログ村

スポンサーサイト

CRF250Lでブーツの試乗で河川敷を走る。

CRF250Lでブーツの試乗で河川敷を走る。
新しいブーツの履き心地をためしに河川敷を走った。

GSを購後入すぐに購入したのガエルネのジーミッドランド
2014090704.jpg

ツーリングにも林道走行にもロングブーツはこれ一本だった。軽く完全防水、雨でもブーツの中が濡れない。
勿論プロテクターも付いている。

GSを乗り出してから色々な人と出会えた。
彼とは、GSファンライドやBOGTでお会っていた。FシリーズのGSを乗っている。私より10歳も若い林道走行のベテランだ。
丁度先日、彼は原サイクルでR1200GSLCの契約しているときだった。

彼のウェアが気になったので相談してみた。
安全やケガをしないように気にしているとのこと。
都内を走るときにはブレスガードの上に着用するエアバックを着ている。
林道走行時には特に足首、膝、胸、首、勿論肘が肩もガードしている。
足首と膝をねじると骨折以上に直すのに時間がかかるそうだ。経験論からだそうだ。

なんとツーリング時に林道走るときにはブーツを履き替えるそうだ。普段はジーミッドランドのようなタイプでオフを走るときには足首の関節が守れるタイプに履き替える。
膝や靭帯を守るニーブレスガイドも必ず装着する。
昔スキーで靭帯を痛めた時にはしばらく直らなかったのを思い出した。

首はネックブレスを使用している。そういえば原社長もオフロードを1?0Km/hで転倒しネックブレスに命助けられたと言っていた。まあそんなスピードは出さないだろうが・・・頭、首は重要だ。

2015-11kasenjiki100.jpg

アドバイスから購入したブーツはガエルネファストバック
ガチガチのロボットのようなブーツではなく足首の前後の柔らかさがある。

2015-11kasenjiki101.jpg

ソールは平らなのでGSをヌタついたところで押すのは苦労しそうだ。ただ、このメーカはソールを交換するサービスをやっているのでブーツに慣れてきたら交換してもらおう。

2014090707.jpg

ちなみにジーミッドランドのソールはこれだ。

2014-07-21-208.jpg

以前こんなところで汗かきながらGSを押したっけ。

話が長くなってしまった。

2015-11kasenjiki102.jpg

シフトペダルはステップより少し上ぐらいの位置にセットする。これもGS乗りの方から聞いたことだ。


2015-11kasenjiki106.jpg

以前から走りに行ってみようと思った河川敷。 

2015-11kasenjiki103.jpg

若い人たちが河川敷の中のコースを走っている。
声を掛けると走ってイイですよ。左回りですからと・・・
いえいえ皆さんの走りを見させて。 
おじさんがピカピカのCRFと真新しいブーツを履いて来たものだから優しくしてくれた。

2015-11kasenjiki104.jpg

ガンガンコースを走ったり後、ずっと左手上げて走ったりしている。 普段は皆オンロードのバイクを乗っているそうだ。
オフ車で暴れる車体をコントロール出来るようになるとオンでもスムーズに走れるとのこと。若いのやるの~。
この藪を草刈り機で刈ってコースを作るそうだ。いつまでも走れるといいと思う。
とかく行政は林道でもそうだが禁止したがる。

スポーツバイクで来てコースを見ている青年が声を掛けてきた。話を聞いてみるとオフ車のレーサーを持っているそうだ。
藪の具合と、このコースのことを彼らに聞きに来たみたいだ。
FaceBookに写真を上げるとメッセージをくれた。

河川敷に降りてしばらく走ると広い場所があり8の字に走った跡がある。ぐるぐる走ってみる。すぐにくたびれてしまう。歳だと歳のせいにする。運動しろ!と聞こえるような気がする。

ブーツの話に戻ろう。
膝のすぐ下まであるのでスキーブーツのようにしっかり守られている感じがある。
ステップをコントロールする感じもイイ。うまく言えないがしっかりステップを踏めている。 イン側もアウト側も。
もちろん初心者の感想だが。

しばらく土手や河川敷で遊ぶ。
草の土手を駆け上がったり泥んこの土の上でターンしたり、子供のころYAMAHA MR50で土手でバイクを乗ったのを思い出した。もう時効だが(笑

2015-11kasenjiki109.jpg


前にも来た道の駅さかい ここは飯がうまい! ローストポーク丼絶品うまい!こいつはこの間食べたから今日は地粉の蕎麦を

2015-11kasenjiki110.jpg

豚ねぎ付け蕎麦 汁がピリ辛で生卵を落として、そこに蕎麦とたっぷりのネギと豚を一緒にすする。うまい!蕎麦だけで食べると蕎麦の香りもしっかりあった。腹が一杯になったのでもう少し河川敷を走ってみる。

2015-11kasenjiki108.jpg

右の河川敷をずっと上ってきた。

2015-11kasenjiki107.jpg

今度は左側の河川敷を下る。 50Km近くオフ河川敷を走った。
河川敷を走ってみて、河川敷の色々な楽しみ方があると思った。
ゴルフ、ラジコン飛行機、グライダー、エンジンを背負ってモーターパラグライダー、カイト上げ、サッカー、野球。
この中にバイクがあっても良いと思うがどうなんだろうか。

2015-11kasenjiki111.jpg

このガエルネファストバックはツーリングのような使い方もできるブーツで安全性も高いので良いものを紹介していただいた。
Kさん、ラフローで偶然お会いしファストバックを勧めていただきましたSさんありがとうございました。

安全に関することなのでベテランの方やお店の方に十分相談して購入することをお勧めします。

にほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへにほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへにほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
よかったらポッチっと にほんブログ村

2輪車専用エアモニター取り付けレポ

2輪車専用エアモニター 「Pro-TECTA エアモニバイク」



始めにPro-TECTAさんの紹介から
随分昔に所有した車だったような気がしますが、この会社の商品を使ったことがありました。
「Look音」という商品でドアロックするときに「キャンキャン」音が鳴るものです。
ちょっと前にハリウッド映画などで高級車がセキュリティでLookの時に音が出るのを真似したものです。(笑

10月に開催されたGSファンライドにPro-TECTAさんが出展されていました。
懐かしさで覗いてみると2014年GSトロフィ日本代表の水谷さんが?
なんと水谷さんがこの会社の社長さんでした。
どのな商品があるのかな~と見ていると「エアモニ」の紹介を水谷社長さん自らしていただきました。
もちろん、そこまでしていただけるならと購入しました。すっかり営業トークに乗せられもう一つこんなものまで購入してしまいました。(笑
2015-10parts015.jpg

ミニスピーカー この説明は後程で

「エアモニ」の紹介から
10月のファンライドで購入、まだ世間では発売前だそうだ。
2015-10parts002.jpg

商品はこんな構成になってます。 
現時点10/21でも販売されていません。11月販売と書かれていますね。
センサー2個(当たり前2輪ですから) 液晶表示画面(真ん中の四角のもの) 取り付けステー2個(両面テープタイプとハンドルマウントタイプ) センサー取り付け工具 USB配線からなってます。
箱は凄く立派なものになってます。(笑

早速バイク取り付けを紹介します。
2015-10parts004.jpg

R1200GSLCにはこんな感じで両面タイプのステーで取り付けました。

2015-10parts005.jpg

センサーは

2015-10parts003.jpg

キタコのエクステンションエアバルブに取り付けました。
エアを調整するときにこのエクステンションがあるやり易いです。

2015-10parts007.jpg

CRF250Lにはもう一つのハンドルマウントのステーを使用してみました。 2つステーがあるは便利ですね!

2015-10parts010.jpg

センサーは2つしかないのでGSからはエクステンションバルブごと移動です。 センサーを付け替えるよりこの方が便利みたいです。

2015-10parts007.jpg

2015-10parts008.jpg

モニターは 空気圧と温度を表示します。
設定は前後 最低最高空気圧、最高温度が設定できます。
赤いランプとブザーは警告です。 CRFの使用前にGSで最低空気圧を1.5Barに設定していたのでこのように警告が出ます。
数字は走っているときには凝視しないとなりませんが、この赤いランプは目立つので急激に空気圧が下がった時の警告は危険防止のために役に立つと思いました。

水谷さんの話ではヨーロッパやアメリカなどではこの空気圧センサーが法律で取り付けが義務付られているそうです。
BMWもGSには本国では付いているのですが日本には電波法の為に取り付けを止めたそうです。
安全のための部品が許可にならない日本 「Why どうなってるんだい Japan?」

2015-10parts009.jpg

暗い中でもこんな感じで照明も着くので見やすいですね。 照明が付かない状態でも液晶が工夫されていて見やすいです。
また停止中は液晶表示が自動で消えるみたいです。またバイク始動時にハンドルを動かすと表示がされる仕組みになっているので充電式の電池も結構持ちそうですね。
どのくらいの期間充電しなくても大丈夫かは調べていないのでそのうちレポしたいと思いまうす。

エアゲージとの差を見てみました。使用したゲージはSK11デジタルゲージです。

CRF250Lテスト時の空気圧表示はフロント1.3リヤ1.3Bar 標準1.5Barなので若干少ないですね。
2015-10parts008.jpg
2015-10parts011.jpg2015-10parts012.jpg
SK11エアゲージは小数2位まで表示する。 フロント1.33 リヤ1.35 問題ないでしょう。

GSでは フロント2.0 リヤ2.6 標準フロント2.5 リヤ2.9 Barなので少ないですね。調整しなくては。
2015-10parts005.jpg
2015-10parts013.jpg2015-10parts014.jpg

フロント1.95 リヤ2.67 ミニモニ表示問題ないでしょう。 GSはもちろん空気圧を調整しました。

まだ使用して短いのですがこの前のGSで林道走行した時にも使用しましたが。エアを(2.0以下に調整)落としてからのエア圧の変化が気になっていたのですが抜いた後安定しているのが確認できました。

この商品の
「良い点」 
やはりトラブルでエアが抜けた時に警告されてすぐに対処できる点

「悪い点」
電源を入れてからセンサーが認識?エアが表示されるまで10分近くかかる点
※これは電源を切らなければ問題がないことが分かりました。
表示部の取り付けがねじだけなのでゆるんで落ちてしまいそうな点。 ストラップの穴があるといいです。
水谷社長さん穴開けてください ^_^;;

続いてミニスピーカー

.jpg
2015-10parts100.png

大きさはこんな感じで小さいですが結構な音量です。
スマホとの接続はブルートゥースで簡単です。 もちろんスピーカーだけではなくマイクも着いているので電話で会話までできてしまいます。

2015-10parts101.jpg

会社ではこんな感じでハンズフリーで使用してます。 結構便利 耳に入れとくのも使用していますがこの方が楽ですね。

2015-10parts019.jpg

車にもダッシュボードに転がしておきます。 何か付ける方法があればイイのですが水谷社長!

2015-10parts016.jpg

バーベキューに持っていきました。 こんな小さなスピーカなのに音の大きさにびっくりしてました。

2015-10parts017.jpg
サントリーのまわしも者でもありません。 永ちゃんのファンで歌は大好きですが♪

更にこんなことしてみたらもっと大きな音に
社長オプション考えてしまいました、売れねえぇか(笑

にほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへにほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへにほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
よかったらポッチっと にほんブログ村
 

2014 BMWラリースーツ

BMWラリースーツ
BMW乗りの方には定番ラリースーツ
あまりにも定番すぎてあえて選ばない人もいるようだが

ハーレーに乗っているときにはラフな格好で乗っていた。
決して人に話せる内容ではない(笑

GSを乗りだしてから購入したウェアて「クシタニK2180」
201411232001.jpgプロテクターはやはり別売で袖、肩、脊髄にベンチレーションパッド 胸のプロテクターは入れていない。これも早急に考えなくてはいけないだろう。

秋が始まりはじめたあたりから本格的にGSに乗るときに着るウェアを検討しだす。
候補は「クシタニ防寒クロスウェア」「KLIM BADLANDS PRO JACKET」「BMWラリースーツ」
クシタニはシーズン前だったのでどこにも試着できるものがなかった。
KLIMもやはり試着できるとこらが近くにない。北海道か軽井沢
BADLANDS PRO JACKETはラリースーツと最後まで悩んだが仕方がない。

BMWラリースーツの試着は千葉に大きくオープンしたMOTORRAD YACHIYOさんへ
ごめんなさい原サイクルさん!
新しくできた八千代さんは広くラリースーツもサイズがあり試着ができた。

身長167cm 股下80cmの短足メタボ体型 
選んだサイズはジャケット50 パンツ48

ジャケットとパンツで20万円を超える!!
試着だけですみません!!
201411232002.jpg201411232003.jpg

見苦しいので顔は・・・
袖が少し長いのとパンツの丈が少し長い・・短足だがブーツを履けば問題ない(笑い

購入は10月ユーロネットダイレクトにて
ジャケット78,300円
パンツ62,900円
オーストリヤからの送料7,900円
合計149,100円
日本についてからの
関税8,400円
消費税7,300円
合計164,800円 デーラーで購入するより5万近く安くなった計算だ。
最近の円安で値段が上がっているみたいだ。
円高の時にはジャケットが6万円台で買えたみたいだ。
201411232005.jpg
カラーは2種類 2014GSファンライドでは青を着ている人多かったがレッドを選ぶ。

カタログによる解説
オフロード走行用に開発
International GS TROPHY参加の3人勝田さん、水谷さん、武部さんがカナダで「1日」の走行中の気温差が30度以上あったそうだが、このラリースーツは過酷の条件でも快適とは言わないが対応できたのはスゴイと言っていた。

表面素材はコーデュラ、BMW Motorradにより最適化
コーデュラとは、ナイロンの7倍もの強度を持つ耐久性に優れた繊維

着脱可能な両袖付きジャケット
ベストにして着ることあるのかな?

パンツにストレッチ素材とレザートリムを採用
201411232015.jpg
レザートリムはスタンディング走行時がっちりタンクを押さえることができた。
パンツにベルトを通す穴はない代わりにウェト調整バンドが2か所につている。またジャケット下部にパンツをジャケットに留めるファスナーがありツナギにもなり寒い時に裾からの冷気が入らない工夫がある。
201411232016.jpg
着脱可能なNP2プロテクター(膝部で高さ調整可能)
ずり上がりを防ぐインナー裾のシリコンバンド
その他、脊髄パッドやその他のプロテクタがライティングに邪魔をしないのはイイ。
ただ胸をガードするプロテクタがないので、早急に選ばなくては。
201411232010.jpg


伸縮性があり通気性に優れたパンチングライナー
201411232018.jpg真夏はまだ迎えてないのでわからないがインナーを外してどのくらい風が通るか?

多様なベンチレーション機能
201411232011.jpg
201411232012.jpg
さまざまな個別調整が可能
201411232007.jpg袖には2か所の調整ベルト 締めると腕の周りがすっきりする。
201411232017.jpg
防風性、防水性、通気性に優れたC.A.R.E.クライメートフィルムを採用した着脱式インサート
ゴアテックスではないが雨の中、4時間ぐらい走ったが全く濡れることはなかった。このインナーが防水をしているので
夏場外しているときにはレインウェアが必要になる。
201411232019.jpg
反射性素材 ジャケット袖やパンツに反射素材が使われている。
201411232014.jpg
201411232020.jpg背面にドリンクバッグ用ポケット

ジャケットに防水性アウターポケット(2個)
201411232013.jpg
201411232009.jpg
ポケット内部、外部たくさんついている。袖にはスキー場のチケットが入るようなものまでついている。

購入後の感想
ジャケット
寒くなりだしてからの使用なので夏場の使用感は言えないが気温10度でも中に着たのはヒートテックのTシャツの上に長袖の冬用の速乾性のシャツ十分だった。寒くなればインナーにモンベルの軽量のダウンでもきれば大丈夫そうだ。

パンツもインナーと完全に分かれているのでブーツの中にインナーをきれいにしまえる。
裾もマジックテープのバンドでぴったり止められるのでブーツの上でだぶつくこともない。

1点問題点がある。ジャケットの重さ。来ては不思議とその重さは感じないが脱いでからの重さは半端ない。樹脂製のハンガーは簡単にダメになるくらい重い。まあそのくらいしか今のところ問題点はないかも?
あとはBMWのエンブレムが主張しすぎる点 (笑

にほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへにほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへにほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
よかったらポッチっと にほんブログ村

ツーリングギア ブーツ編 3 GAENE G-MIDLAND

ツーリングギア ブーツ編 3 GAERNE G-MIDLAND



一番左のブーツがCRF250Lを乗り始めてから初めて購入したオフロードブーツ。
と言ってもバリバリのモトクロスブーツではないタイプだ。
俗に言う「アドベン系」だ。

2014090704.jpg
プロテクターもしっかり「すね、くるぶし、かかと、つま先」に入っている。
完璧なオフロードブーツ(モトクロスブーツ)を試着したところスキーブーツを履いているようで足首が自由に曲がらないかった。
馴染めば改善はされるだろうがちょっと心配だった。

G-MIDLANDの履き心地は柔らかくギヤの操作や、ブレーキの操作は全く問題がない。これもツーリングでは重要だ。
2014090706.jpg

また、購入した理由の一つ防水になっている点だ。雨天時にブーツカバーをつけなくてもソックスが濡れない点だ。

2014090705.jpg

「透湿」足が蒸れるおじさんには絶対必要な機能だ。これにGORE-TEX オールラウンド ハイソックスを履けば完璧だ。

2014090707.jpg

大事なソール ちょっとぬかるんでいるところを汗をかきながらGSを押したが滑るこなかった。

2014-07-21-208.jpg

にほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへにほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへにほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
よかったらポッチっと にほんブログ村

このカテゴリーに該当する記事はありません。