ときには星の下で眠る

R1200GSLC FATBOY SEROW250 MontesaCOTA4RT バイクの話 日々の出来事

もう一人の相棒R1200GSLC FATBOYと共に

納車後はじめての先週の日曜日の話である。
朝9時、かみさんに起こされる。
このところの仕事忙しさで体が疲れていてバイクに乗るどころではなかった。
だが、天気もよい。
遅い出発だが、あてもなく東北自動車道を北に向かう。
都内の桜はもう終わりだ。
いつもこの時期仕事が忙しく東京で花見などゆっくりしたことがない。
だが、東北自動車道の脇は桜がきれいに咲いている。

ハーレーで走り慣れている東北自動車道、今日はいつもと違う。
新しい自転車を買ってもらった子供のようにウキウキながら走っている。

遅い出発だったせいか東北道は空いている。

慣らし運転だ。5000回転を超えないようメリハリを付けて走ってみる。
3000回転ぐらいが振動も少なく走りやすい。
6速3000回転からアクセルをじわっ〜と開いてみる
す〜っと前に出るような加速感だ。

もう1人の相棒FATBOYはキャブがサンダンスFCRなのでじわっ〜とが癖になっている。
FATBOYの方が加速感はあるが実際のスピードはGSの方が早いだろう。

自宅を出発してから2時間ちょっと走っただろうか、那須高原サービスエリアに着いた。
とても疲労感が少ないバイクだ。
これがBMWなのか?

ちょうど昼だったが、朝が遅かったのでまだ腹が減っていない。
コーヒーを一杯飲み出発する。

高速を矢吹で下りてみる。出発して約250kmだ
道端で見事な桜が咲いていたので写真を撮っていると、老夫婦がすいれんきれいだからこの近くの公園に行ってみろという。
ハーレーに乗っているときも良くと年配の方に声をかけられる。

201639279_org.jpg

その大池公園に来てみる。
公園の反対側の丘をみてみると黄色く咲いている。
丘まで上がってみる。

201639240_org.jpg
201639258_org.jpg

GSで初オフロード(笑 田舎のあぜ道
ここで今回SONY HDR-AS15をエンジンガードに取り付けてみた。


会津に向かう118号街道沿いはこの先、桜の見頃になるだろう。
途中羽鳥湖に上がってみる。
そのまま帰ればいいものを、走り足りなく那須高原に上がってみる。

201639210_org.jpg

201639363_org.jpg

201639293_org.jpg

201639349_org.jpg

本日の走行距離475KM 夕飯までには約束通り帰って来れた。

ハーレー以外の大型バイクで峠を走るのは約30年ぶりだ。
GSはとても素直なバイクだろう。まだそこまで乗りこなしていない。

少し30年前の話をしよう。

18才当時相棒は初代VF750F前後16インチの癖のあるやつだった。
このVFは、改造パーツがまだ少なく、ヨーロッパ仕様のカムやキャブ、マフラーを取り付けF・スペンサーに憧れトリコロールの皮ツナギで峠を毎週のように走っていた。

そんなバイク好きな俺も結婚と同時にバイクを一旦降りることになる。
このVF750Fが小さな結婚指輪になった。

結婚して7〜8年が過ぎやっとバイクに乗れるようになり、スピードが出ない、飛ばせないバイクということで相棒FATBOYを手に入れる。当時もハーレー人気はすごくGSのように納車を待った。

飛ばさないという約束で購入したFATBOYは飛ばせないというのが正直なところだった。
排気ガス規制でガチガチのハーレーは3拍子どころか楽しさがなかった。

そのんな時に白銀にあったサンダンスで柴崎氏に出会った。当時は小さな小さなショップだった。
熱い人だった。今の場所でも、あの当時のように熱い人柴崎氏に会えるよ。

ステージ2 アンドリュースのハイカム・サンダンスFCR・セミトランジスター点火・機械式カバナで今まだ眠っていたFATBOYが目覚めた。

FATBOYと娘
この写真に写っている娘も18才今高校3年生

相棒FATBOYと18年が過ぎ、新しい相棒が1人増えたR1200GSLC。FATBOY同じ年月を一緒に過ごせば60も半ばになる。
その年までバイクに乗っていることができれば嬉しい。

にほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへにほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへにほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
よかったらポッチっと にほんブログ村

スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。