ときには星の下で眠る

R1200GSLC FATBOY CRF250L MontesaCOTA4RT バイクの話 日々の出来事

2014 BMWラリースーツ

BMWラリースーツ
BMW乗りの方には定番ラリースーツ
あまりにも定番すぎてあえて選ばない人もいるようだが

ハーレーに乗っているときにはラフな格好で乗っていた。
決して人に話せる内容ではない(笑

GSを乗りだしてから購入したウェアて「クシタニK2180」
201411232001.jpgプロテクターはやはり別売で袖、肩、脊髄にベンチレーションパッド 胸のプロテクターは入れていない。これも早急に考えなくてはいけないだろう。

秋が始まりはじめたあたりから本格的にGSに乗るときに着るウェアを検討しだす。
候補は「クシタニ防寒クロスウェア」「KLIM BADLANDS PRO JACKET」「BMWラリースーツ」
クシタニはシーズン前だったのでどこにも試着できるものがなかった。
KLIMもやはり試着できるとこらが近くにない。北海道か軽井沢
BADLANDS PRO JACKETはラリースーツと最後まで悩んだが仕方がない。

BMWラリースーツの試着は千葉に大きくオープンしたMOTORRAD YACHIYOさんへ
ごめんなさい原サイクルさん!
新しくできた八千代さんは広くラリースーツもサイズがあり試着ができた。

身長167cm 股下80cmの短足メタボ体型 
選んだサイズはジャケット50 パンツ48

ジャケットとパンツで20万円を超える!!
試着だけですみません!!
201411232002.jpg201411232003.jpg

見苦しいので顔は・・・
袖が少し長いのとパンツの丈が少し長い・・短足だがブーツを履けば問題ない(笑い

購入は10月ユーロネットダイレクトにて
ジャケット78,300円
パンツ62,900円
オーストリヤからの送料7,900円
合計149,100円
日本についてからの
関税8,400円
消費税7,300円
合計164,800円 デーラーで購入するより5万近く安くなった計算だ。
最近の円安で値段が上がっているみたいだ。
円高の時にはジャケットが6万円台で買えたみたいだ。
201411232005.jpg
カラーは2種類 2014GSファンライドでは青を着ている人多かったがレッドを選ぶ。

カタログによる解説
オフロード走行用に開発
International GS TROPHY参加の3人勝田さん、水谷さん、武部さんがカナダで「1日」の走行中の気温差が30度以上あったそうだが、このラリースーツは過酷の条件でも快適とは言わないが対応できたのはスゴイと言っていた。

表面素材はコーデュラ、BMW Motorradにより最適化
コーデュラとは、ナイロンの7倍もの強度を持つ耐久性に優れた繊維

着脱可能な両袖付きジャケット
ベストにして着ることあるのかな?

パンツにストレッチ素材とレザートリムを採用
201411232015.jpg
レザートリムはスタンディング走行時がっちりタンクを押さえることができた。
パンツにベルトを通す穴はない代わりにウェト調整バンドが2か所につている。またジャケット下部にパンツをジャケットに留めるファスナーがありツナギにもなり寒い時に裾からの冷気が入らない工夫がある。
201411232016.jpg
着脱可能なNP2プロテクター(膝部で高さ調整可能)
ずり上がりを防ぐインナー裾のシリコンバンド
その他、脊髄パッドやその他のプロテクタがライティングに邪魔をしないのはイイ。
ただ胸をガードするプロテクタがないので、早急に選ばなくては。
201411232010.jpg


伸縮性があり通気性に優れたパンチングライナー
201411232018.jpg真夏はまだ迎えてないのでわからないがインナーを外してどのくらい風が通るか?

多様なベンチレーション機能
201411232011.jpg
201411232012.jpg
さまざまな個別調整が可能
201411232007.jpg袖には2か所の調整ベルト 締めると腕の周りがすっきりする。
201411232017.jpg
防風性、防水性、通気性に優れたC.A.R.E.クライメートフィルムを採用した着脱式インサート
ゴアテックスではないが雨の中、4時間ぐらい走ったが全く濡れることはなかった。このインナーが防水をしているので
夏場外しているときにはレインウェアが必要になる。
201411232019.jpg
反射性素材 ジャケット袖やパンツに反射素材が使われている。
201411232014.jpg
201411232020.jpg背面にドリンクバッグ用ポケット

ジャケットに防水性アウターポケット(2個)
201411232013.jpg
201411232009.jpg
ポケット内部、外部たくさんついている。袖にはスキー場のチケットが入るようなものまでついている。

購入後の感想
ジャケット
寒くなりだしてからの使用なので夏場の使用感は言えないが気温10度でも中に着たのはヒートテックのTシャツの上に長袖の冬用の速乾性のシャツ十分だった。寒くなればインナーにモンベルの軽量のダウンでもきれば大丈夫そうだ。

パンツもインナーと完全に分かれているのでブーツの中にインナーをきれいにしまえる。
裾もマジックテープのバンドでぴったり止められるのでブーツの上でだぶつくこともない。

1点問題点がある。ジャケットの重さ。来ては不思議とその重さは感じないが脱いでからの重さは半端ない。樹脂製のハンガーは簡単にダメになるくらい重い。まあそのくらいしか今のところ問題点はないかも?
あとはBMWのエンブレムが主張しすぎる点 (笑

にほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへにほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへにほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
よかったらポッチっと にほんブログ村

スポンサーサイト

マスツーリング伊豆

伊豆スカイラインをGSで走る。
1泊ツーリングで伊豆本面を走る。
出発当日はあいにくの雨。皆はレインウェアを着るがラリースーツの私はそのまま。
雨の日にレインウェアを脱いだり来たりしない分楽だ。
中央自動車道相模湖で降り国道243号線を道司を抜け山中湖へ途中紅葉はきれいだが雨!
「まっ」走るのも危険なのでそのまま御殿場市内のファミリーレストランで雨宿り。
チェックインには早いが、早々と今日の宿泊地へ
ツーリングメンバーの会社の保養施設だ。
1時間くらいロビーでまったりと時間を過ごす。
私はビジターとして泊まることができる。
201411230013.jpg
201411230014.jpg
201411230012.jpg
部屋はコテージで豪勢な作りだ。なんと部屋にサウナまであった。
食事もフレンチ豪勢であったが宴会が始まり・・・
20141123001.jpg
ここでのお酒では飲み足らず部屋でまた宴会だ。ビールの空き缶何本あったんだろう?
こんなに飲んで明日走れるのだろうか?前の宴会ツーリングでも書いたが・・・・

翌日は朝、目覚めると皆爆睡状態。少しコテージの外を散歩する。
御殿場市内から少し山を上がったところにコテージがある。市内を見下ろすことができるが霧の中。
今日は晴れてほしい。
みんなが起きだす。朝ぶろだ。温泉につかりながらみ皆の見ると、あんなに飲んだに全然平気な顔している。
天気は少しずつ良くなっているようだ。朝ごはんを食べゆっくりのスタートだ。
201411230015.jpg
伊豆高原はい天気だ。平日なので道も空いていて気持ちがいい。


GSで並列4気筒マシンに必死でついていくタイヤがKaroo3なので・・・(言い訳)
201411230016.jpg
道に映る「影」がクール! SUZUKI刀が時代を感じさせない。ブレーキキャリパーや大型ディスク・ホイールリヤサスなど細かな点に手を入れてある。新車から乗っている。もう手放せないだろう。
201411230018.jpg
CB1300に乗るSさん顔が出ていっるけどまあいいっか!「かっこいい写真」でしょ。
201411230019.jpg
最後に富士山がきれいに撮れた。来年の年賀状に決まった。
にほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへにほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへにほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
よかったらポッチっと にほんブログ村

該当の記事は見つかりませんでした。