ときには星の下で眠る

R1200GSLC FATBOY CRF250L MontesaCOTA4RT バイクの話 日々の出来事

2015 DOOR OF ADVENTURE

まだ5月末の出来事 6月も終わろうとしているのに
初めてのイベント参加 ラリーツーリングイベント[2015 Door of Adventure

イベントを知ったのが5月に入ってから、参加はしたいが自分の技量で走ることができるのか心配。
申込み店でもある原サイクル社長原さんに相談GSで参加が心配であればCRFで行けば~と軽いお言葉。
そうかCRFでもOKなのだ。
千葉がルートだから、以前原サイクル初心者林道ツーリング(全然初心者向けって言うよりBIGOFF向けでない)でこんなところ走ったので、ちょっと躊躇していた。

20141124017.jpg

結局エントリもギリギリになってしまった。

エントリをするとやはりワクワクするものだ。コマ図を入れるケースを弁当箱で作ったりキャンプ道具をそろえたりと前準備でも楽しむことができた。

参加前日は大雨だった。 この週は雨が多く、きっと林道は「ぬちゃぬちゃ」だろう。エントリはGSだったがCRFで参加することに決める。

当日AM3時道は所々濡れている。

2015DOOROFADVENTURE001.jpg

期待と不安の中出発だ。

2015DOOROFADVENTURE002.jpg

4時半市原サービスエリア 空はまだはっきりしない。

2015DOOROFADVENTURE003.jpg

ブログで知り合ったマスオさんと合流。 マスオさんはGSアドベンチャーで参加だ!
エントリを済ませ、コマ図をテープでつなぎ合わせ弁当箱にセット。

マスオさんはエントリが早く走行順がかなり早く別々のスタートだ。

2015DOOROFADVENTURE0036.jpg

着々とスタートの時間が迫ってくる。

2015DOOROFADVENTURE035.jpg

もちろんGIVIのトランクは外している。
ハンドルにはコマ図お手製弁当箱ケースが幅いっぱい取り付けられている。

2015DOOROFADVENTURE005.jpg

コマ図ラリーは速さを競うものではない。もちろん公道を走るので規則を守っての走行だ。
時間を空けながらスタートしていく。

2015DOOROFADVENTURE006.jpg

さあスタートだ!

2015DOOROFADVENTURE007.jpg

コマ図を見ながら10分も走らずいきなりオフロードの始まり!

2015DOOROFADVENTURE008.jpg

ここは走ったことがないオフロードだ。
空が晴れ渡り気持ちよくなってきた!

2015DOOROFADVENTURE009.jpg

コマ図を見ていて曲がる場所を見落とす。Uターンして林道の入口へ
金谷元名林道ここはGSでもCRFでも走ったことがある。

2015DOOROFADVENTURE013.jpg

前日までの雨で所々水たまりがある。GSで立ちごけした場所だ。

2015DOOROFADVENTURE015.jpg
2015DOOROFADVENTURE016.jpg
2015DOOROFADVENTURE017.jpg
2015DOOROFADVENTURE018.jpg

林道を何本も走っていく。走ったことがないオフロードもある。千葉にはこんなにオフロードあるなんて。

2015DOOROFADVENTURE019.jpg
2015DOOROFADVENTURE021.jpg

さあ「ぬちゃぬちゃ」「割れ目」の山中林道だ!

2015DOOROFADVENTURE023.jpg
2015DOOROFADVENTURE024.jpg
2015DOOROFADVENTURE025.jpg
2015DOOROFADVENTURE026.jpg
2015DOOROFADVENTURE028.jpg

おや先のほうで・・・転んだのか?

2015DOOROFADVENTURE029.jpg

もちろん走って手伝いに! 
原社長から事前にアドバイス。大きいのが転んでいても無視していかないとタイムオーバーになるよと言われていたが、どちらにせよ成績は二の次、助けに行かなくちゃ!!

2015DOOROFADVENTURE030.jpg

オールドGSさんが溝に落ちてこちらを向いていた。何人かで溝から引出す。 なんとバッテリが上がってしまいエンジンがかからない!こんなところじゃ押し掛けもできない。さてどうするGSさん。取りあえずこのまま坂を下るとのことで皆は進むことに。

ここでビデオのメモリが無くなった。
動画は長いのでお暇の方はどうぞ♪



何とかゴールすることができた。ビリではなかったみたいだ。

2015DOOROFADVENTURE032.jpg
写真がなかったのでマスオさんのブログから勝手に頂戴する。 (^_^;)<(_ _)>
アドベンチャーがあの「ぬたぬた」を通って来たぞと物語っています。カッコいい!

2015DOOROFADVENTURE031.jpg

テントはマスオさんの横に張らせてもらった。マスオさんお心使いありがとう。

この夜は原サイクルから参加したメンバーとビールをたらふく飲み、あっと言う間につかれて熟睡。
マスオさんお話もできずすみません<(_ _)>。
マスオさんGSでキャンプツーリングでもしましょう!

2015DOOROFADVENTURE033.jpg

翌日は午後から雨が降る確率50%以上Yahoo天気予報に書いてあるので起きてすぐテントを仕舞い帰ることに。
家に着くころには雨どころかいい天気!
テントや寝袋を干し、CRFもきれいに洗ってあげる。

ラリーツーリングイベント「2015 Door of Adventure」 初めての参加だったが楽しいイベントだった。
コマ図を使ってのラリーは、初めは道に迷うこともあったが慣れてくるとコマ図と風景もどちらも見えてくるようになり途中からは面白くなってきた。またオフロードも1日で一番走ったかもしれない。翌日は相当くたびれていたがこのようなイベントがあればまた参加したいと思った。

秋にまたあるあるようなので皆さん一緒に参加しませんか?
またCRFで参加したい!! GSじゃないのかい!(笑

今回のキャンプで使用した道具



にほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへにほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへにほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
よかったらポッチっと にほんブログ村
 

スポンサーサイト

ビッグオフガイドツーリング(BOGT) に行ってきたぁ~(2)中津川林道編

ビッグオフガイドツーリング(BOGT) に行ってきたぁ~(2)
このツーリングの趣旨は「ビッグオフでのダート初級者がガイドと一緒に走るツーリング」
ガイドにはオフロード国際A級の吉友 寿夫さん。
要所要所で的確なアドバイスをしてくれます。

2015-0BOGT20006.jpg

吉友さんよりハンドルを操作するフォームをアドバイスしていただいています。

早速ビデオで吉友さんのアドバイス


ハンドルの操作も緊張から力が入っていたみたいで具体的にに説明してもらっています。

2015-0BOGT20001.jpg

この歳になると何十年もバイクに乗っているので、人からのアドバイスはなかなかありません。しかしこのようなツーリングでのアドバイスは目からうろこ的なことが多いです。
オンロードでは脇を締めてフロント荷重からコーナーに入っていくような乗り方だったのでリヤ荷重での林道の乗り方はなかなかできませんでした。ステップに乗せる足の位置でリヤ荷重に持って行く方法を丁寧に説明してもらいました。

2015-0BOGT20002.jpg

初心者向けといってもベテランが多いです。

2015-0BOGT20007.jpg

KTM絵になりますね。

2015-0BOGT20004.jpg

みなさんお待ちかねの・・・・ビデオもあったのですが恥ずかしいのでビデオからの切りだしです。
あれ~あらぬ方向にフロントタイヤが! 初めての右側です。(T_T) 走行中ではなく停車中の立ちごけです。
最近よく横になるGSでした。(笑

2015-0BOGT20003.jpg

これだけのビックOFFが中津川林道を走るのは凄いですね。

2015-0BOGT20010.jpg

走行シーンを写真に撮ってもらいました。脇がまだ締まってますね。

KTMのタイヤはノーマルタイヤです。
2015-0BOGT20009.jpg

吉友さんのライディングを見ているとオンもオフも全く姿勢が変わりませんでした。
すべてが自然なライディングです。
ベテランの走りを見られるのも貴重な体験でした。

2015-0BOGT20011.jpg

このツーリングの前週にソロで走り来て、2度もコケているので物凄く緊張しまくりで自転車並みの速さで走りました。(笑

2015-0BOGT20012.jpg

初心者は私と650GSさんのみで、あとはベテランですが三国峠に到着した時はみなさん笑顔でした。

IMG_2973.jpg

最後にもう一度ライディングホームの確認です。一人ひとり丁寧に吉友さんからアドバイス!

今回のツーリングは本当に貴重な体験をさせていただきました。
吉友 寿夫様、BOGT事務局 樋口様、 お世話になりました。ありがとうございました。
スタッフさんではないのですが、お名前を忘れてしまってすみません。ブルーのGS(BigOffベテランライダー)さん後ろから見ていただきありがとうございました。

7月のツーリングもよろしくお願いします。詳しくは下記のアドレスを
http://bogt-enduro.blogspot.jp/2015/06/20157.html

今回のブログはお世話になった吉友 寿夫さんに敬意を表し「です、ます調」でしたが次回より普通に戻ります。


にほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへにほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへにほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
よかったらポッチっと にほんブログ村
 

ビッグオフガイドツーリング(BOGT) に行ってきたぁ~(1)

ビッグオフガイドツーリング(BOGT) 5/17に初参加。
最近やっとGSに慣れてきた。決して乗れているわけではない。1ステップ上達したいと思っていたとき
松本充治さんのブログを偶々拝見して、内容を読んで参加しました。

「ビッグオフを所有しているけれど、まだダートを走った経験がない。少しはあるが、ひとりではまだ不安だ。この機会にぜひスキルアップする機会を得たい——といったオフロード=クロスカントリー志向のビッグオフビギナーのみなさんを対象にした本格ガイドツーリングが、このBOGTことビッグオフガイドツーリングです。」
2015-0BOGT10001.jpg
こんな感じでA級ライダーの吉友さんがとても丁寧に説明してくれるところから始まりました。
2015-0BOGT10006.jpg
お腹周りのお肉がたっぷりついた私ちょっとFatboyではなく、ただの太ったおやじも真剣に吉友さんのアドバイスを聞きます。恥ずかしいので顔を隠させてもらってます(爆
2015-0BOGT10007.jpg
参加している皆さん♪ 皆さん何度も参加されベテランです。 
そのベテランさんたちも私のような初心者をアシストしてくれるので心強いですね!
2015-0BOGT10008.jpg
前を走るのは吉友さん ノーマルタイヤのKTM 1190 ADVENTURE
始めはライディングをゆっくり見せてくれていますが、途中からはついていけません。
2015-0BOGT10009.jpg
御岳山林道は中津川林道より走りやすいです。
2015-0BOGT10013.jpg
途中でいなくなった理由がわかりました。写真を撮ってくれていました。

2015-0BOGT10015.jpg
初めてGSでライディング姿です。 へっぴり腰です(^_^;)
息が苦しくシールドを開けっ放し。 日ごろの運動不足が出ます(笑 

2015-0BOGT10017.jpg
おっとオフロードバイク雑誌ガルル編集部くりりんさん!取材で同行です。





次回BOGTは7月です。BOGT エンデューロ部こちらに詳しく説明がありますので興味のある方はどうぞ♪

2015-0BOGT10014.jpg

恐怖の中津川林道へつづく

にほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへにほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへにほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
よかったらポッチっと にほんブログ村
 

備忘録が溜まっているが今日はFATBOYでお出かけ

神さんは朝から買い物に出かける。 どかでバーゲンだろう。
昨日は神さんと生ものを食べに銚子へ、その帰りに潮来で「あやめ」を見るサービスまで
神さんが出かけた後、車を洗車し、ガレージを掃除。
備忘録のブログをアップ。
天気がパッとしない。何時ものようにYahoo天気で雨雲を確認。大丈夫そうだ。

2015-06fatboy0001.jpg
最近増えたGS&CRFの2台ばかり乗っているが、何時までたっても手放す気は全くないFATBOYで出かけることに。
エンジンは1発でかかる。点火系を一新してからすこぶる調子がいい。

四つ木から首都高速を上がり、湾岸線を目指す。
5速1500回転でゆっくり流す。
葛西から湾岸道路に入り横浜方面を目指す。
特段目的はない。ただVツインの鼓動を楽しむだけ。
パレットタウンの観覧車を横目で見る。
トンネルを越え左に少しだけカーブする。
左手に大井の新幹線車庫が見えてくる。
尖った口ばしのような形をしている新しい新幹線が何本も止まっている。
今日は派手な黄色の新幹線はいなかった。
よそ見はいけない。
FATBOY乗るとゆっくり景色が見えてくる。
羽田空港が見えてくる。大きなジェット機が空港から飛び立つ。
トンネルを何本か超えると長い直線になる
赤茶けた製鉄所が見えてくる。ここもお気に入りの風景だ。
今日はあの独特の臭いがない。
陸から風が吹いているのであろうか。

大黒ふ頭で珈琲ブレイク。
小銭を入れ熱いシュガーなしのコーヒーを選択。
コーヒーができるまでの間、機械の画面をつい見てしまう。
透明な筒に粉がバサッと入る。お湯が少しだけ注がれる。ほんのちょっと蒸す。しばらくするとお湯が注がれ、上から網が付いた棒で一気に絞り出す。プラスチックのキャップが回転しながら取り付けられる。さあ完成だ。機械の扉が開く。
うまくはないが缶コーヒーの甘いやつよりはましだ。

2015-06fatboy0002.jpg
地べたに座り、せっかく機械が付けたキャップを外しフーフーしながらコーヒーをすする。
暑い日でもホットが飲みたくなる。

けたたましい2スト3気筒が嫌なリズムでアクセルをアオリながら入ってくる。
格好は今から30年以上前と同じだ。でも乗っているのは小僧だ。
なぜか最近高速でこの手のバイクをよく目にする。
怖い人にでも睨まれたのか音が消える。
出口付近でまたあのリズム。ぐるぐる回りながら最後まであのリズムを聞かされた。(笑

ずっと行ってみたかった。川崎工場地帯
2015-06fatboy0003.jpg2015-06fatboy0004.jpg
工場萌 (笑
にほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへにほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへにほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
よかったらポッチっと にほんブログ村
 


R1200GSLC 冬眠中にポッチとしたものを取り付ける 「ヨシムラ」



ヨシムラ今から30年前、私は2気筒のバイクに乗っていた。
400Foreより少し後の時代だ。
周りはCBX、XJ、FX、GSXと4気筒のバイクに乗っていた。
バイクブームの時代、皆集合管を着けていた。
集合管の代名詞「ヨシムラ当時はそんな感じだった。
あの音にあこがれていた。周りの大人は迷惑だっただろう。
それから初めて買った4気筒 HONDAVF750F 並列4気筒ではなくV4だった。VFの集合管は音が悪くつける気にはならなかった。
そんなこともあり、「ヨシムラ」とは縁がないバイク生活だった。

私のバイク生活は12月から4月までは冬眠だ。この間仕事を黙々とこなしながら冬眠明けはあれやこれをしようと妄想にふけっている(笑

そうだマフラーを交換してみようっと京都に行くノリで探し出す。 まず周りを見るとやはり「アクラボビッチ」が多い。純正オプションパーツとしてもあるぐらいだから仕方ない。
次に国産メーカーではササキスポーツチタンフルエキゾーストなんと279,720円 !
ブログを徘徊しながら目に留まったのがUSヨシムラスリップオンマフラー 海外のネットで購入する寸前で止める。
デーラーさんに入れなくなってしまう。
今も大事に乗っているハーレーFATBOYは、デーラーで新車購入時にサービスで着けてくれたスパートラップを今も付けているが着けてこないで下さいとメカニックに言われる(笑

騒音規制というやつだ。もう年だから爆音を響かせ乗るのは気が引けるし迷惑なことも十分わかるので、ちゃんと規制をクリヤしたものを選ぶことにした。

バイクスブロスヨシムラ特集記事が掲載されていた
規制をクリヤした「ヨシムラ」がある!

早速注文しようとしたがチタンカラーのものは納期がすごくかかるとのことだったので「メタルマジックカバー/ステンレスエンドタイプ」に変更

2015-05yoshimura0003.jpg

あの当時の「ヨシムラ」とは違いおしゃれになって作りは最高だ!

2015-05yoshimura0002.jpg
なんと直管だ! これで騒音規制は問題ないのだからすごい! 
昔わるがっていたやつらはサイレンサの中央に穴をあけ爆音にしていたのを思い出す。

2015-05yoshimura0004.jpg
ノーマルと違いスリムだ。重さももちろん軽くなっている。

2015-05yoshimura0006.jpg
2015-05yoshimura0007.jpg
細部の作りもきれいだ。

2015-05yoshimura0005.jpg
取り付けた感じはこんなだ。
カッコいい!

インプレは後程


にほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへにほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへにほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
よかったらポッチっと にほんブログ村
 









R1200GSLC ブレーキペダル・タイヤ交換・X-Head_LCシリンダー・ヘッド・ガード取り付け

備忘録が溜まってしまっている。
まだ5月の出来事を書いています。(笑

ブレーキマスターからのオイルのにじみが止まらない。
一度原サイクルさんにてオイルを少し抜いてもらったがまたしばらくすると滲んでしまう。
もう一度点検と頼んだものが入ってきたので取に行くことに。

パッキンがだめなのかカバーがだめなのか 結局交換になるそうです。
結構出ている方がいるみたいなのでリーコールになるかな?

2015-05headcover0002.jpg2015-05headcover0003.jpg
アドベンチャー用のブレーキペダルです。新車の時から気になっていた部品。
私は結構リヤブレーキを使う走りをしている。それは20年ちかくハレーに乗っていたこともあるが、峠などを走っているときにトラクションを掛けながら軽くリヤブレーキを踏んでリヤ荷重にしながら走っていた。
GSはかなり奥まで踏み込んでやらないとブレーキが利かない。
それと林道をスタンディングで乗るときにブレーキが深いのでリヤブレーキが使いずらい。
さっそくオフのベテランンライダー原社長に相談。
するとアドベンのペダルに交換すればいいとのアドバイスをもらう。
帰り道でテスト
いい感じだ(=^・^=)
帰りにその足ですり減ったカール3を交換しにスピードスターさんへ
2015-05headcover0004.jpg
こんなタイヤで中津川に行くなって・・・ こけて当たり前(笑

2015-05headcover0005.jpg
新車のようなBMW R100オーナさん曰くガレージにエアコン湿度管理をしっかりし紫外線をできるだけ当てない。どおりでゴムのパーツも新品同様 でもいつ乗るのかな。夜しか乗らないのか??
2015-05headcover0006.jpg
メッツラーカール3は世界的に品不足だそうで、いつ入荷するかわからないとのこと。 
そこで今回マスオさんもアドベンに履いてるということでシンコータイヤに。
カール3のフロントタイヤ代で前後交換できるほどお得な価格!
サイズが若干細くなるけど問題はないそうだ。インプレは次回に。
2015-05headcover0007.jpg
社長自ら作業をしてくれます。スタッフ全員言葉使いももちろん仕事も丁寧。おすすめするショップだ。
2015-05headcover0008.jpg
家に帰ると宅急便が。柿の種なんか頼んだか??
2015-05headcover0009.jpg
この傷で痛んだGSを見てるのが辛く・・・ ポッチとした
2015-05headcover0010.jpg
machineartmotoのX-Head_LCシリンダー・ヘッド・ガード
ちょっとお高かったがヘッドカバー1個の値段より安かったのでこちらを付けることのする。
ゴムクッションのカバーに硬質なカバーが付く。
2015-05headcover0011.jpg
エンジンガードを外し傷ついたところにタッチアップをする。
2015-05headcover0012.jpg
こんな感じにヘッドをゴムのカバーが覆う。
2015-05headcover0013.jpg
外したカバーボルトを取り付ける。
他の方のブログでこのボルトを折ってしまった方がいるようだ。
トルクはたった10Nm。
きっとっトルクレンチを使わなかっただろう。
2015-05titibu0015.jpg

2015-05headcover0014.jpg
傷が隠され、傷ついたハートも少しは・・・・

2015-05headcover0015.jpg
エンジンガードをつけて完成。
でもこのエンジンガードもう一本横にあればいいのにと思うのは自分だけ?
2015-05headcover0016.jpg
フォトショでもう1本追加してみた(笑 BMWさん ここに必要でしょ!



にほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへにほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへにほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
よかったらポッチっと にほんブログ村
 

R1200GSLCで行く秩父林道3本 林道3本目 よせばいいのに転んでます(T_T)

R1200GSLCで行く秩父林道3本 林道3本目 よせばいいのに転んでます(T_T)

中津川林道

1日に林道3本 大丈夫?
と思いながら吸い寄せられるように・・・・

2015-05nakatsugawa0001.jpg
天使の声 「左に曲がって温泉に入って帰ろう♪」
悪魔の囁き「男だろう右に曲がってもう1本林道走ろうぜ!」
2015-05nakatsugawa0002.jpg
やっぱりそっちに行くのね(笑2015-05nakatsugawa0003.jpg
今回で中津川林道は3回目 1回目はノーマルタイヤでとぼとぼと
2回目はカール3履きたてでうれしくて走りに来てしまった。
そしてカール3はかなり減ってる状態 でもちゃんと空気も抜いたから大丈夫・・・

2015-05nakatsugawa0004.jpg2015-05nakatsugawa0005.jpg2015-05nakatsugawa0006.jpg2015-05nakatsugawa0007.jpg
楽しい♪ここはコンクリに囲まれてなくむき出しの山肌。
2015-05nakatsugawa0008.jpg
おっ!2015型新しいGSだ。 エンジンがブラックでカッコいい! 短い挨拶をして三国峠を目指す。あともう少しだ。

2015-05nakatsugawa0009.jpg
あっ大きな石がある・・・
2015-05nakatsugawa0010.jpg
そのラインはダメ!!!!
2015-05nakatsugawa0011.jpg
あっっっハンドルが跳ねる!!!!!
2015-05nakatsugawa0012.jpg
あれ~!!!!!!!やめて~
2015-05nakatsugawa0013.jpg
まだ寝るのには早い~
2015-05nakatsugawa0014.jpg
あぢゃ~
幸いスピードを出していなかったのでGSが転んだだけで体は何ともありません。
2015-05nakatsugawa0015.jpg
三国峠から下ってきたYAMAHAさん!バイクを止め飛んできていただきました。ありがとうございました。
NEWGSさんもありがとうございました。 
2015-05titibu0011.jpg
何とか三国峠に到着。NEWGSさんとはここでお別れ。 お名前聞くのを忘れてしまいました。ブログ見てたらメールください。
2015-05nakatsugawa0017.jpg
あれ~ あなた何Uターンしてるの・・・・
2015-05nakatsugawa0019.jpg
まさか下るの~!?!
2015-05nakatsugawa0020.jpg
下りは前を走る先輩の後をついていきます! 小さなタイヤで結構飛ばします!
2015-05nakatsugawa0021.jpg
なぜ下って来たのか?

2015-05titibu0012.jpg
ここで心の傷を癒す為。
2015-05titibu0013.jpg
ゆっくりお湯につかり反省を
なぜあそこでこけたか?

1:集中力が切れていた。
2:くたびれていた。
3:先を見ていない。

1時間も反省してしまった(笑
2015-05titibu0014.jpg
本日の走行距離。
やはり林道3本は無謀でした。歳を考え慎重に判断しないとイカンと思う。2015-05titibu0015.jpg
ビールを飲みながら反省 (≧≦) GSゴメンヨー
傷が増えていく今日この頃・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

にほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへにほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへにほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
よかったらポッチっと にほんブログ村
 

R1200GSLCで行く秩父林道3本 林道2本目

R1200GSLCで行く秩父林道3本 林道2本目
上野大滝林道
2015-05titibu0007.jpg
群馬県上野村から埼玉県中津川を結ぶ林道。道路標識からも変わった地名が多い。

2015-05titibu0008.jpg
この林道も踏み固められたオフロードでGSでも問題なく走れると思う。
ノーマルタイヤのカワサキW800いい音を山に響かせ走っていた。

2015-05titibu0010.jpg
こんな2連のトンネルがある。もちろん写真を撮るために止まる。
残念なのが山肌を崩落防止のためコンクリオートで固められている。

2015-05titibu0009.jpg
コンクリートで固められていない山肌はこんな感じだ。絵になるね。


ゆっくり景色を見ながら林道を走る。
これでやめて温泉にいけばよかったのに・・・・

つづく2 林道3本目
にほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへにほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへにほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
よかったらポッチっと にほんブログ村
 

R1200GSLCで行く秩父林道3本 転んでます(T_T)

R1200GSLCで行く秩父林道3本 転んでます(T_T)

まだ5月の連休の話です。
720Km日帰りからのお尻の痛さを引きづりながらも天気がいいので秩父に出かける。
始めは林道2本走って温泉に入ってゆっくり帰ってくるのが目的だったが・・・・・

2015-05titibu00030jpg.jpg

天気が良く気持ちがいい。
群馬県 御荷鉾スーパー林道
2015-05titibu0001.jpg
地図では舗装路も含め長い林道だ。

2015-05titibu0002.jpg
フラットダートでGSでも安心して走れる。景色もよく気持ちいいな。

2015-05titibu0003.jpg
秩父の山々が連なる。

2015-05titibu0004.jpg


通行止案内があるが進んでみる。 結局通行止で引き返すが途中は景色もよく気持ちがいい林道だ。
帰り替えジープに乗るアメリカの軍服を着るコスプレおじさんたちと遭遇する(笑

2015-05titibu0005.jpg
この日は新兵器を使用する。
電動ポンプ今までは足で踏むポンプを使用していたが大きさもそれほど変わらないので今回からこれを持ってくることにした。

デイトナ電動ポンプ


つづく2 林道2本目
にほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへにほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへにほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
よかったらポッチっと にほんブログ村
 

R1200GSLCに Wunderlich ハンドルライザーを取り付ける

備忘録が溜まってしまっている。
R1200GSLCに Wunderlich ハンドルライザーを取り付ける
GSを乗り始めて早1年、といっても12月から4月までの間は乗ることはなく実質7が月で約9千キロ走ったことになる。
小柄な私にとってGSはやはり大きい。
シートはバイクが納車される前にK&Hのローシートを準備していた。今の若いものと違って胴が長い。つまり足が短い。
GSは欧米の大きな体の人間が設計したのだから大きいに違いない。
ちなみに今までfatboyにもローシートをつけてハンドルは幅の狭いものに変え、ハンドルバーライザーで手前に持ってくるようにしている。よくハーレー乗りの方で両手を広げるような幅の広いハンドルをつけている人がいるが体の小さな私には無理だ。
ということで今回前々から考えていたGSにハンドルバーライザーを取り付けることにした。
ワンダリッヒの38mmUP , 27mm 手前になるタイプを選んでみた。
高さはもう少し低いほうがいいのだがこれ以上はハンドルを切った時にタンクに接触するのを避けるのに無理なのだろう。
乗った感じは、今まで少し前傾姿勢だったが背筋が伸びるような姿勢になった。
今までGSは長距離を乗ると唯一くたびれるところがあった。それは手首だ。翌日必ず手首が痛くなる。これで負担も解消するといい。



2015-05handle0002.jpg
使う工具はこれだけ

2015-05handle0003.jpg
きれいに削りだされている。

2015-05handle0004.jpg
ハンドルは少し寝かせてみる。

2015-05handle0005.jpg
後ろに隙間をあけて締め付けトルクは19Nmでトルクレンチで締める。

試乗記につづく

にほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへにほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへにほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
よかったらポッチっと にほんブログ村
 

該当の記事は見つかりませんでした。