ときには星の下で眠る

R1200GSLC FATBOY CRF250L MontesaCOTA4RT バイクの話 日々の出来事

突然!

突然の発症
千葉房総林道ツーリングは友達の送別会のため、途中で帰った。その日は終電まで飲み明かしていた。

千葉房総ツーリングの翌日、夜中突然の左腕の痛みで目が覚める。
親指も痺れている。
やばい脳梗塞か?
頭は全然痛くない。脳梗塞ではなさそうだ。
なんて冷静な俺(笑
それにしても腕が痛く唸ってしまった。

千葉房総林道ツーリング前から腰の痛みと肩の痛みで整骨院で針やマッサージをしていた。
それにしても半端でなく腕が痛い。
近所の整形外科に朝一番で見てもらう。
首のレントゲンを撮る。特段問題はないとのことでツーリングの疲れではないかと痛み止めの薬をもらう。
そんな筈がない。200Kmも走るかは走らないかだ。

その日から激痛に耐えながら過ごす。
薬がなくなり再度同じ医者に行くが、医者のあまりのも横柄な対応に違う病院を探す。
いつも世話になっている薬剤師に近くに評判の良い整形外科がないか聞く。
新しくできた病院で最新の設備もあり評判がいいので行ってみるといいと紹介される。

診察でいきなりMRIをこれから撮りますのでこちらへと言われた。
撮ってる最中首の痛みに耐えられなくなり途中で終了。ただし問題のところが写ったみたいだ。
なんと頸椎椎間板ヘルニアと診断されてしまった。
5番目と6番目の間の椎間板が神経を圧迫しているそうだ。
その神経は腕の痛みやしびれを起こすそうです。まさに腕が痛く親指が痺れている。

原因はデスクワークで常に首の緊張が強いられるような状態が続くと、頸椎の負担が大きくなるそうだ。
仕事はほぼ一日中モニターの前だ。
また、以前から車のバックで首を回すのが痛かったと思いだす。

治療方法は手術をできるだけしない方向でドクターにお願いをする。最悪の場合は手術が必要になる。

とりあえず安静、首を動かさないように今こんな状態だ。
herunia.jpg

しばらくバイクには乗れない、重たいものも動かせない。来春まで大人しくするしかないようだ。
今週末20日、最後のイベントにもバイクに乗ることができない。

行けないことを決断した日に
このメールが原社長から来た

「いよいよ来週の日曜日はGSオフロードトレーニングですねっ参加される皆様が「GSでのオフロードを走る楽しさ」
発見していただけたら嬉しいと思います

当日は13名のGSライダーにご参加いただきます。
講師は山田 純さん、鈴木大五郎さんの豪華2名です
会場は茨城県坂東市にございますイワイサーキットMXコースを貸切で行います
http://www.iwai-c.sakura.ne.jp/index.html

キャンセルの場合も代金は発生いたしますのでよろしくご了承ください
(こんなことをいうのは失礼なのですが、最初からイベント自体は持ち出しが発生することはわかっていました、参加者を増やせば同等又は収支取れるイベントになるのでしょうが、そうなるとトレーニングの内容自体が薄くなることが予想されるためこの人数でのトレーニングにさせていただきました、一人でも多くの方が「GSでオフロードも楽しい!」と思ってもらいたいとおもいで実施しております、どうかご理解をお願いいたします)

という事をいっていますが、参加される皆様は、せっかくの時間、機会ですので純さんや大五郎さんにたくさんガッツリ質問や疑問点をぶつけてくださいねっ

はい、ということで20日は皆様にとってGSオフロードデビュー又は開眼する特別な記念日になりますように!
イワイサーキットでお会いしましょう~
質問とうはタケシまでお願いいたします


せっかく社長が用意してくれたイベントに参加できないのは残念だ。今までこんなデーラーでバイクを購入したことがなかった。

原社長に連絡をすると、社長自身も腰のヘルニアを克服しバイクに乗れるようになった「ちょっとFatboyさん」もしっかり治し次のイベントに参加してくださいと。2月にまた同じイベントするので「ちょっとFatboyさん」さん予約入れときますからと、それを励みに頑張って治療に専念してくださいと言われた。それと車で来て話だけでも聞けばって。
なんて社長だ!!

それにムコ殿さん主催の2月ガルルカフェに行くツーリングもあるし絶対に治さなくては!

皆さんも体の調子悪い場合はすぐに評判の良いドクターに見てもらうことをお勧めする。
特に50を超えたみなさん!!あなたです!他人ごとではないですよ(笑

にほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへにほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへにほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
よかったらポッチっと にほんブログ村

スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。