ときには星の下で眠る

R1200GSLC FATBOY SEROW250 MontesaCOTA4RT バイクの話 日々の出来事

ハーレーFATBOYで雨の中のツーリング

五感
”五感”のうち視覚、聴覚、触覚、嗅覚、味覚の味覚以外の刺激を受けながらバイクは乗っていることになる。

いや、「俺は味覚も感じるぜ」という人もいるかもしれない
シールドをつけないで雨の中を走っていると雨の味を感じる
海の近くを走っているとしょっぱさを感じる

今までのツーリングで感じた五感を紹介したい

視覚
都会の灰色の世界からだんだんと変わってくる

田んぼの緑の稲
P1020986.jpg

青い空と白い雲
IMG_1660.jpg

人は真っ先に視覚から感覚の刺激を得るのかもしれない
普段灰色の世界で生活していると緑や青を求めてしまう
色には人を癒やす効果がある

P1060446-1.jpg

山の青、草を刈った牧草の茶、私のFATBOYの赤、どの色も視覚を刺激してくれる

聴覚
ハーレーダビットソン 私のFATBOYは旧型のエボリューションである
ノーマルでは静かなバイクであるが、調律をしているのでアイドリングから良い音を聞かせてくれる



高速を飛ばしているとマシンガンのような連続音になり気持ちも高ぶる
ゆっくり高原を流しているとエンジン音以外の音が聞こえてくる
サスペンションの伸び縮み、プライマリチェーン、ミッションからの音
風の音、川で流れる水の音、小さな滝の音、葉や枝がこすれ合う音、雨の音、虫や動物の鳴き声  
バイクに乗っていると聴覚で感じることを楽しむことができる



触覚
ハーレーに乗る誰もが、この感覚を期待して乗るのではないだろうか
もちろんハーレー以外のバイクでも同じような感覚を楽しめるバイクは多くあると思う私はバイク歴こそ長いが、乗ってきたバイクの種類が少ないので他のバイクのことは詳しくない
俺のバイクはこんな感じだと書き込んでほしい

信号待ちで止まっているとシートから伝わる鼓動が気持ちが良い
2つのピストンが上下することで心臓の収縮の鼓動のようだ
このエボリューションの鼓動がシートを伝わり私を気持ち良くしてくれるのだろう
私のFATBOYはもう購入から17年もたっているのでラーバーマウントなども相当くたびれているだろうからなおさらだ

FATBOYから伝わる嫌な触覚もある
高速で足の裏に伝わる振動である
これはくすぐったくなる。この振動が好きな人もいるだろうが

バイク乗りのすべての人間が感じる触覚が気温だ
夏は暑く、太陽の力を皮膚から感じる
冬はラインが引かれているように温度の差を感じることができる
私は冬のこの感覚が好きだ
私は昔、埼玉県の川越の手前に住んでいたことがある
東京から川越街道を走ると新座をすぎ、463号線をこえ少し坂を上るところで気温が下がる
また富士見のをこえたあたりでさらに気温が下がる
車ではこの温度の差を感じることができない
私は車の運転ももちろん好きだ
生身の体を直接さらしているからこそ、バイクはこの感覚を楽しめる

私は雨の中走るのも嫌いではない
冬の寒いときは嫌であるが、夏の暑いときの夕立のような雨は好きだ
合羽を着るのを迷っていると、一気にびしょびしょになる
このとき肌に当たる雨の感じが好きである

嗅覚
バイクで走っているといろいろな匂いを感じる
2ストマシンが追い越していくときに甘いオイルが焼ける匂い
まだカストロールの植物油ってまだ売っているのであろうか
30年前サーキットで興奮する匂いだった

たんぼ道を走ると青い稲の香りが好きだ
家畜のにおいも感じるが、仕事をしている方には感謝するがちょっと苦手である
息を止めて通りすぎる
腹が減っていると店から流れてくる食べ物匂い、何ともいい
海沿いで感じる磯野の香り
今回のツーリングでは雨の香りが良かった

P1060440-1.jpg

味覚
もちろんツーリングでの食事はその地のもを食す
味覚を刺激することだ
普段は質素な食事でもツーリング時にはちょっと自分に奢ってやる

20130804_145620.jpg


バイクは五感を刺激する乗り物の1つであろう
この感覚を出来るだけ楽しみたい

にほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへにほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://fatboy10offroad.blog.fc2.com/tb.php/12-5da540e6
該当の記事は見つかりませんでした。