ときには星の下で眠る

R1200GSLC FATBOY CRF250L MontesaCOTA4RT バイクの話 日々の出来事

「彼のオートバイ、彼女の島」と「海賊とよばれた男」

彼のオートバイ、彼女の島」と「海賊とよばれた男
正月は参ってしまった。
暮から娘と神さんがゴホンゴホンと私の横で咳をする。
料理中もゴホン、家中でゴホンゴホン!
ついに私も風邪を移されてしまった。正月の3日目から40度の高熱にうなされて丸1日間寝込んでしまった。
その後もだるさが抜けず家でじっとして過ごす。
チームDANGUN年末忘年会で「やすさん」から借りたDVDを見るため横になりながらもう一度小説を読み直す。
彼のオートバイ、彼女の島」 片岡義男 作
今から37年前、中学生の頃に小説を買った。
少し背伸びをして大人の世界を片岡義男の小説から得た。
改めて読み直してみると懐かしさが思い起こす。
夢中になって小説を読む。
映画の中で、小説の主人公「橋本巧」 を 竹内力、「白石美代子」 を 原田貴和子が演じている。
竹内力は今では強面の任侠映画が多いがこの映画の中ではカワサキW3を愛する青年だ。
ミーヨを演じる原田貴和子は原田知世のお姉さんだ。
内容に関しては書かないでおこう。小説を読まなくてもDVDでも楽しめる。今おじさんライダーは小説を読むと懐かしいバイクの名前がたくさん出てくるので楽しいいと思う。

1701eiga001.jpg
1701eiga002.jpg

原田貴和子の初々しさイイ

正月休みの間、これも小説を読んで映画ができたの見に行ってみた。
海賊とよばれた男
1701eiga004.jpg

百田尚樹 この作者の小説は面白く何冊か読んだ。 「永遠の0」も映画化された。

出光興産創業者の出光佐三をモデルとした小説である。
時代背景もあるが昭和の初めから戦後にかけて大きくなった創業者の話である。
本田宗一郎や松下幸之助も同じ時代の人たちである。

最近歳のせいか小説を読みながら感動して涙を流すことがあるが「海賊とよばれた男」映画では泣くまでにならなかった。
こちらは是非興味のある人は小説を読んでほしい。
きっと感動するに違いない。


にほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへにほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへにほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
よかったらポッチっと にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

12 Comments

チェッチェッチェロー says..."コオの故郷は、丹沢湖。"
原田貴和子、イイですねー。
「私をスキーに連れてって」でも、ぽ~っとした主人公の原田知世よりも、アクティブな姉さんに惹かれてしまいました。
文庫本の唇は、三好レイコさん。「幸せは白いTシャツ」もレイコさんだったかな?
バイク便に、憧れていました。
2017.01.10 21:40 | URL | #- [edit]
旅好きライダー says...""
ちょっとFatboyさんこんばんは~^^
ブログのタイトルも片岡 義男さんの本ですよね!
昨年入院した時にムコ殿さんから本をいただきました。
それが「ときには星の下で眠る」でした。
百田尚樹&岡田准一のコンビの作品は好きです。
「海賊とよばれた男」読もうかなぁ~。
2017.01.10 22:18 | URL | #- [edit]
ちょっとFatBoy says..."Re: コオの故郷は、丹沢湖。"
チェッチェッチェローさん、こんばんは。

> 原田貴和子、イイですねー。

イイですね~

> 「私をスキーに連れてって」でも、ぽ~っとした主人公の原田知世よりも、アクティブな姉さんに惹かれてしまいました。

同じですね~

> 文庫本の唇は、三好レイコさん。「幸せは白いTシャツ」もレイコさんだったかな?

そうですね~ もう60歳ですね。自分も歳取るわけだ(笑

> バイク便に、憧れていました。

昔都内でクリーム色のバイク便よく見ました。すごく皆運転が上手でした。
2017.01.10 23:39 | URL | #- [edit]
ちょっとFatBoy says..."Re: タイトルなし"
旅好きライダーさん、こんばんは~

> ブログのタイトルも片岡 義男さんの本ですよね!

そうなんです。中学、高校生のころ好きでよく読んでいました

> 昨年入院した時にムコ殿さんから本をいただきました。
> それが「ときには星の下で眠る」でした。

バイク小説以外も背伸びして片岡義男を読んでいました。
特に女性の描写が好きです。

> 百田尚樹&岡田准一のコンビの作品は好きです。
> 「海賊とよばれた男」読もうかなぁ~。

イイですよ~。感動しますよ。
2017.01.10 23:43 | URL | #- [edit]
ムコ殿 says..."私の中の名作・・・"
おはようございます!
風邪の方は大丈夫ですか?

私も片岡義男大好きです(^^)
彼のオートバイ彼女の島はちょうどバイクに興味を持ち始めた30年以上前に読みましたね~(^^)
今でも事務所の本棚にありますよ(^^)
たま~に時間がある時に読み直してますが・・・
映画も映画館に行って見ましたよ~(^^)
今とは違って竹内力の爽やかなこと(笑)
それと原田貴和子の入浴シーン・・・えがったね~(*^。^*)ww

百田さんの小説は色々読みましたが、特に永遠のゼロは感動は映画よりやっぱ小説の方があるかな?
映画を見ると・・・あれ?って思うとこ多々ありで・・・感じ方の違いかな?(^^;)ww
海賊と呼ばれた男・・・映画よりも今度小説読んでみます(^^)
2017.01.11 08:21 | URL | #- [edit]
かもねぎ says..."懐かしい"
こんばんは〜。
風邪で大変でしたねー。
大人で40度越えはキツイ(×_×)
お大事になさってください。

カワサキのリヤシートにちょこんと座る、原田貴和子さん、好きだったなぁ。
「私をスキーに連れてって」「彼のオートバイ彼女の島」「永遠の0」
全てDVDで観ましたが、改めて小説も読みたくなりました。
2017.01.11 20:07 | URL | #- [edit]
ちょっとFatBoy says..."Re: 私の中の名作・・・"
ムコ殿さん、こんばんは。

> 風邪の方は大丈夫ですか?

参りました。今回のは厄介です。せきが止まらなくてしんどいです。
15日には良くして行きたいです。

> 私も片岡義男大好きです(^^)
> 彼のオートバイ彼女の島はちょうどバイクに興味を持ち始めた30年以上前に読みましたね~(^^)
> 今でも事務所の本棚にありますよ(^^)
> たま~に時間がある時に読み直してますが・・・

そうでしたか。やっぱり片岡義男のファンはいますね。
バイク以外の小説やエッセイも好きでした。
特に大人の女性の描写これは10代の子供には刺激的でしたね(笑
西日が入るホテルの一室で...(妄想...

> 映画も映画館に行って見ましたよ~(^^)

羨ましい。私は映画館ではないです~
別ですが樋口加奈子の若いころ「湾岸道路」見たいです。

> 今とは違って竹内力の爽やかなこと(笑)
> それと原田貴和子の入浴シーン・・・えがったね~(*^。^*)ww

あんなことがないかとバイクで出かけ温泉に入ります(笑
ないです...


> 百田さんの小説は色々読みましたが、特に永遠のゼロは感動は映画よりやっぱ小説の方があるかな?
> 映画を見ると・・・あれ?って思うとこ多々ありで・・・感じ方の違いかな?(^^;)ww

2時間の中に収めるのはやはり無理がありますよね。私も永遠のゼロも小説の方がよかったです。

> 海賊と呼ばれた男・・・映画よりも今度小説読んでみます(^^)

いいですよ~。上下あるので読み応えあります。
2017.01.11 20:22 | URL | #- [edit]
ちょっとFatBoy says..."Re: 懐かしい"
かもねぎさん、こんばんは。

> こんばんは〜。
> 風邪で大変でしたねー。
> 大人で40度越えはキツイ(×_×)
> お大事になさってください。

久しぶりに目が回りました(笑
今年の風邪はシツコイてまだげふぉげふぉしてます。

> カワサキのリヤシートにちょこんと座る、原田貴和子さん、好きだったなぁ。

妹も可愛いけどお姉ちゃんの貴和子イイですね。声は妹そっくり


> 「私をスキーに連れてって」

懐かしいです。あのころみんな白いワンピのスキーウェア着ていましたね。
苗場、斑尾、白馬 よく行ったな~


「彼のオートバイ彼女の島」「永遠の0」
> 全てDVDで観ましたが、改めて小説も読みたくなりました。

小説は小説の世界観があるので楽しいですよね。
映画やTVになる小説が増えたので読んでから見るか見てから読むかですね。
池井戸潤も好きでよく読んでる小説家です。
2017.01.11 20:31 | URL | #- [edit]
ヤス says..."彼のオートバイ 彼女の島"
「彼のオートバイ 彼女の島」だいぶ前に映画化されたけどDVD売ってるのかなー?と
Amazonで探したのが6年ぐらい前のこと。W3の映像や音が聞けるだけでも買う価値が
あると思って買いました。Fat boyさんのお正月のお役にたてて良かったです。

片岡義男氏の小説はバイクに乗っている時の感覚が見事に描写されていて夢中になって読みました。
なんだかビッグツインに乗ってみたくなりますよ。W800? トライアンフ? 
空冷OHC 2バルブ単気筒のXTで我慢しときましょう。
2017.01.12 21:56 | URL | #GSO3PLRU [edit]
ちょっとFatBoy says..."Re: 彼のオートバイ 彼女の島"
ヤスさん、こんばんは。

片岡義男の小説は描写と「」の会話につきます。
そこにあるバイクや人、持ったことのないガンまで想像できてしまう。
青空から急に雨が降るシーンなんかバイクに乗った人じゃないと書けませんね。
10代の頃夢中で読みました。
そういえば自分のバイク歴は2気筒が多い。
CB400フォーク3、VF750Fだけが4気筒、ハーレー、GS
46年もバイクに乗っているのに車種が少ないです。
XTいいですね~でも、もう数が少ないでしょうね。
空冷OHC 2バルブ単気筒 キャプトンマフラー キックで始動 妄想が始まります(笑
2017.01.12 23:19 | URL | #- [edit]
シージャック says...""
こんにちは
「彼のオートバイ、彼女の島」これかなり前から気になっている映画でした。
未だにダイジェストしか見ていませんが(><)
昨年自分が訪問した別所温泉はその舞台なんですよね♪
W3のエキゾーストノートも聴きたいし、DVD借りてこようかな。
原田貴和子のヌードも見たいし(爆
2017.01.14 14:48 | URL | #- [edit]
ちょっとFatBoy says..."Re: タイトルなし"
シージャックさん、こんばんは。

昔を思い出すようでDVD良かったですよ。
あの温泉入りたいな~
そして原田貴和子のような人が温泉に入っていないかな~(笑
2017.01.14 18:55 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://fatboy10offroad.blog.fc2.com/tb.php/159-95b4b465
該当の記事は見つかりませんでした。