ときには星の下で眠る

R1200GSLC FATBOY CRF250L MontesaCOTA4RT バイクの話 日々の出来事

CRF250L 入院

本日CRF250Lメンテナンスのため入院

夏頃からエンストに悩んでいた。それも大体クラッチを握っているときに止まる。
交差点右折ラインで信号待ち青になり交差点中央付近についたところでクラッチを握った時が一番多い。
アイドリングをハーレーみたいに調整もできずどうしようもない。

crf250l131117.jpg

そこでHONDA DREAM 松戸店さんに持ち込むことに
ここの系列のサービスセンターが会社の近くにありそこのメカニックの方に相談すると、ここは直接の作業はできなく松戸店を紹介され連絡をとってくれた。実は購入店は品川のホンダ店、他店で購入したので嫌がれるかと思いきや、とても親切多対応にうれしくなった。
松戸店のメカニックも大変対応がよく気持ちがいい!!。

修理に時間がかかるので入院となった。作業内容としては、バルブクリアランス調整や他インジェクション関係の点検。
相棒FATBOYみたいな原始的なバイクであれば、エンジンが止まれば
ガスは出ているか、プラグに火は飛んでるかでどうにかなるが
寒いときなんかかかりづらい、でもバイク気持ちになってやればエンジンはむずるがちゃんとかかってくれる。
夏場暑くなりすぎれば「ぶすぶす」してくる。冷えるまで待ってあげる。そんな相棒と17年持つ来合ってきたので

コンピューター制御のCRFはどう付合っていいのやら・・・・
ちょっと厄介だ。相棒の気持ちが伝わってこない。
まあ、元気になるまで休ませてあげるしかない。
早く元気になって帰ってくるんだぞ相棒CRF250L。

よかったら「ポチッと」よろしく
にほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへ
にほんブログ村




関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://fatboy10offroad.blog.fc2.com/tb.php/26-2126af86
該当の記事は見つかりませんでした。